長引く外出自粛の影響もあり、日本でも韓国ドラマが相変わらず人気。ドラマを観終わった後、気付いたらキャストにどハマりして、気になって調べて……という人も多いのではないでしょうか。皆さんがいま注目している役者さんは誰ですか?

韓国の魅力に10年以上前からハマり続けている韓国ツウ、スタイリストの池田めぐみさんが、以前ご紹介した記事「ヒョンビンだけじゃない!知るほどにハマる韓国の人気俳優4人の魅力」の第2弾として注目の俳優を厳選。今回は、次世代スター候補として池田さんが特に注目している俳優と、おすすめの出演作品をご紹介します。

これまでの記事はこちら▶

池田さんのInstagram▶

-AD-

主演作は連続ヒット!
いま最旬の若手、ソン・ガン

『恋するアプリ Love Alarm』より

186cmの長身で、どこか少年っぽく爽やかな表情が魅力のソン・ガン。Instagram(@songkang_b)のフォロワー数が早くも722万人を超え(4月30日時点)、韓国版「ELLE」の表紙を飾るなど、爆発的な人気を得ている次世代スターの一人です。2017年に、日本の漫画をドラマ化した韓国ドラマ『カノジョは嘘を愛しすぎてる』で俳優デビューし、初めての演技ながら存在感を発揮し、視聴者の心を掴みました。

『恋するアプリ Love Alarm』より

その後、彼の人気に火をつけたのが競争倍率900倍を勝ち抜いて主演を務めたNetflixのドラマ『恋するアプリ Love Alarm』(2019年)。自分に恋する人が半径10m以内にいるとアラームが鳴り出すアプリ「ラブアラーム」に翻弄される男女の恋愛ドラマで、すでにシーズン2も配信中。

『Sweet Home -俺と世界の絶望-』より

そして、『Sweet Home -俺と世界の絶望-』(2020年)、『ナビレラ-それでも蝶は舞う-』(2021年)とNetflixオリジナル作品で立て続けに主演を務め、韓国では“Netflixの息子”というニックネームまでついています。

『Sweet Home -俺と世界の絶望-』では、心身の半分がモンスター化しながらも人間の理性を残し、人々を救うために怪物と戦う難役を熱演。また、『ナビレラ-それでも蝶は舞う-』では、厳しい現実に直面しながら、70歳のおじいさんとバレリーナになる夢を叶えるため奮闘するバレエダンサーを演じています。

『Sweet Home -俺と世界の絶望-』より

ここ1、2年でこの役の振り幅は大きい! そして、短期間にもかかわらず、それぞれのキャラクターを見事に演じきっている! と感心しながら、これからの活躍がとても楽しみです。ルックスだけでなく、その実力を証明するかのように、今年5月に韓国で開催される韓国のゴールデングローブ賞と呼ばれる「百想芸術大賞」のテレビ部門で、新人男優賞(作品は『Sweet Home -俺と世界の絶望-』)にノミネートされています。

日本では今年4月に、初の写真集『Eyes On You(アイズオンユー)』が発売。日本での人気もこれからさらに加速するのではないでしょうか。

『恋するアプリ Love Alarm』より

『恋するアプリ Love Alarm』
自分のことを好きな人が半径10メートル以内にいるとアラームが鳴るアプリ「Love Alarm」をめぐる若者たちの恋愛を描く。女子高生のキム・ジョジョ(キム・ソヒョン)、ジョジョと惹かれ合うファン・ソノ(ソン・ガン)、ソノと幼なじみでジョジョを一途に想うイ・ヘヨン(チョン・ガラム)は、Love Alarmによって複雑な三角関係に。シーズン2では、今まで自分の本当の気持ちを隠していたジョジョの葛藤や、彼女の気持ちを知りたいソノとへヨンの焦りも描かれている。
Netflixオリジナルシリーズ『恋するアプリ Love Alarm』シーズン1~2独占配信中

『Sweet Home -俺と世界の絶望-』より

『Sweet Home -俺と世界の絶望-』
ある日、事故で家族全員を亡くした引きこもりの高校生チャ・ヒョンス(ソン・ガン)は、古い集合住宅に引っ越す。ところが、異常事態が起こり、多くの人間が次々と残忍な怪物へと姿を変え、人々を襲い始める。ヒョンスは生き残った同じ建物の住人たちと協力し合い、怪物たちと戦うが、自らも半ばモンスターになってしまう……。
Netflixオリジナルシリーズ『Sweet Home -俺と世界の絶望-』独占配信中