Photo by iStock
# 婚活

「年収1000万円」なのに“結婚できない人”たち、じつは「意外な共通点」があった…!

「出会いがない」「いい人がいない」……婚活が思うようにいかず、悩んでいる女性たち。『婚活は「がんばらないほうが」うまくいく』を出版した、婚活分析アドバイザーの三島光世さんは、「容姿」と「年齢」にこだわりすぎてはいけないと釘を刺す。逆にいうと、「容姿」と「年齢」のハードルを下げれば、結婚へと一歩も二歩も近づくのだ。数々の相談者を成婚へと導いてきた三島さんから、貴重なアドバイスをいただいた。

好条件なのになぜ未婚なのか?

婚活市場の中には、思わず「えっ」と声が出てしまうような、いわゆる高スペックな男性が結婚できずに登録されている場合が多くあります。

Photo by iStock

たとえば、こんな条件の男性が出てきたとしましょう。

・39歳 大手一流メーカーの正社員 年収900万円

・40歳 一部上場企業の営業管理職 年収1000万円

・42歳 外資系大手のマネージャー 年収1200万円

婚活市場から見ても、それどころか一般的に見ても、かなり好条件の男性です。

会社勤めをしていて年収が高い、ということは企業から「それだけの価値がある」と見なされているとも言えます。

一つの社会的な信用を得ている、ということにもなりますよね。

「それなのに独身で婚活しているのは、何か裏でもあるの?」と思って、ご本人に会うと、いたって真面目に真剣な出会いを探しています。

 

私たちアドバイザーも、つい「いったい、なぜこの人が独身なの?」と首をかしげてしまうのですが、こういった好条件なのに結婚していない男性には、じつはある共通点があります。

それは、とにかく「自分の理想に合う女性を追い求めている」ということです。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/