Photo by iStock
# 婚活

「恋愛脳」で選ぶと失敗する!「結婚相手にふさわしい人」を見極める5つのポイント

「出会いがない」「いい人がいない」……婚活が思うようにいかず、悩んでいる女性たち。『婚活は「がんばらないほうが」うまくいく』を出版した、婚活分析アドバイザーの三島光世さんは、「恋愛脳」から「結婚脳」に切り替えて、もっとシビアに男性をジャッジするべき、とアドバイスする。そのときに重要な、「この人は結婚相手としてふさわしいか?」を見極める、5つのポイントを挙げてもらった。

「恋愛脳」だと失敗する!

結婚相談所の中でも「いきなり気になる人ができちゃいました!」と、テンション高めに報告してくださる方が時々いらっしゃいます。

Photo by iStock

これは運命、とばかりに突き進もうとする相談者に、私は「ちょっと待った!」と声をかけています。

なぜなら、それは「恋愛脳」で相手を見ているからです。

「恋愛脳で相手を選んで何がいけないの?」

と、きょとんとされてしまいそうですが、そもそも恋愛相手と結婚相手は、まったくの別物。じつは、恋愛の「好き」という感情だけで結婚相手を見極めたと思うのは、あまりにも危険なのです。

「好き」という気持ちが持続しているあいだは、もちろん何をしていても、また何をされても楽しいでしょう。

 

毎日がハッピー、高揚感に包まれますよね。

しかし、この「好き」が覚めた瞬間、相手のどこがよかったのか思い出せない……。

このような経験、みなさんもあるのではないでしょうか。

編集部からのお知らせ!

関連記事