最速レビュー!アップルの忘れ物防止タグ「AirTag」を試してみた

精度は? 安全面は? 悪用されたら?
西田 宗千佳 プロフィール

ストーカーに悪用されたら?

たとえば、「持ち主不明のAirTag」が自分の荷物に入っている……というケースが考えられる。いわゆる「ストーカー」行為で悪用される場合などだ。

思わず不安に感じてしまうが、AirTagは、このような場合に緊急避難的に利用できる機能を備えている。

もし、自分のものではないAirTag、つまり、自分のアップルIDにひもづけていないAirTagを見つけたときには、警告を出して無効にしたり、電池を抜いたりして対応できるようになっているのだ。このような処理には、iPhoneをもっている必要はない。Androidなどの他のスマホでも、スマホ側についているNFCマーク(おサイフケータイマークになっていることも多い)にタッチすることで表示されるウェブから対応できる。

自分が使っていないAirTagを発見して、無効化することも可能だ

最大の欠点

試用してみた範囲では、AirTagにはかなり優秀な機器であるという印象を覚えた。

ポイントは、UWBによる室内での場所探しと、iPhone利用者の多さによる「場所検知の精度の高さ」だ。

他の忘れ物防止タグの場合、メッシュネットワークを構築する条件が「同じ忘れ物タグを使っているユーザー同士」になるため、iPhoneを背景にしたAirTagに比べ、どうしても利用者数の面で劣り、検知の精度が落ちてしまう。特に、都市圏以外の人口が密集していない地域では厳しいだろう。

世界中で普及しているiPhoneの「圧倒的な数の多さ」を背景にしていることが、AirTagの最大の利点だ。

一方、最大の欠点は価格面だ。AirTagは1つで3800円(税込)、4つセットで1万2800円と、他社製品に比べ1000円程度高い。

また、ボタン状のデザインのため、カバンなどにぶら下げるためには別途、アクセサリーが必要になる。

オプションとして販売されるAirTagレザーループ(税込5500円、茶色)とAirTagループ(税込3800円、白)
同じくオプション製品のAirTagレザーキーリング(税込4500円、茶色)

この金額をどう考えるか。実際に使用してみて、体感した精度を考えると、ギリギリ許容できる範囲かな、というのが筆者の感想だ。

忘れ物が心配だという人は、ぜひ一度、検討してみてほしい。

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/