最速レビュー!アップルの忘れ物防止タグ「AirTag」を試してみた

精度は? 安全面は? 悪用されたら?
西田 宗千佳 プロフィール

世界中のiPhoneを使う

「世界中にあるiPhoneを活用する」という点だ。

AirTagは、ユーザー自身の所有しているペアリングされたiPhoneだけでなく、他人のiPhoneとも接続・交信することがある。そして、それら他人のiPhoneを通じて位置情報をアップルに残す。

ユーザーは、その情報を検索することで、遠く離れた場所に置き忘れたAirTagの場所を知ることができるのだ。世界中のiPhoneを結び、まるで「網の目」のようにBluetoothのネットワークができ上がることから、こうした構造を「メッシュネットワーク」とよぶ。

セキュリティやプライバシーは大丈夫?

「他人のiPhoneを通じて位置情報をやりとりする」と聞くと、セキュリティやプライバシーの面で心配になるが、その点は大丈夫だ。やりとりされる情報は暗号化されており、経路となる個々のiPhoneの持ち主からは確認できないようになっている。そもそも、他人のAirTagについては、存在自体がわからないようにできている。

取得された位置情報は、AirTagを登録した際に使用された「アップルID」の持ち主だけが確認できるしくみで、アップルですら知り得ない。

加えて、記録されるのは「最後にその機器があった場所」だけで、どこをどう移動したのかといった情報は含まれない。AirTagは、あくまで「モノが置かれていた場所の記録」「忘れ物(置き忘れ)防止」を想定したものなので、人やペットのように「移動しつづけるもの」の記録には向かない。

前述のとおり、つねに位置情報が送信されているわけではなく、ごくたまにしか記録されないからだ。つねに移動する生き物を検出するには向かない構造だが、忘れ物の大まかな位置を知るなら、これで十分というわけだ。

だが、メッシュネットワークの機能が不都合にはたらく場合もありそうだ。

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/