最速レビュー!アップルの忘れ物防止タグ「AirTag」を試してみた

精度は? 安全面は? 悪用されたら?
西田 宗千佳 プロフィール

第2の方法

第2の方法が、「Bluetoothを使ったネットワーク」だ。

前述のように、AirTagはUWBとBluetoothの2つの通信方式を使う。Bluetoothの場合、精度は数m以内に落ちてしまうものの、通信可能な範囲内にあれば地図上に場所を表示してくれる。

iPhoneやiPadなどから操作して、AirTagについているスピーカーを鳴らすこともできる。こちらの機能は、UWBを内蔵していないiPhoneやiPadでも使用可能だ。

地図の上に、AirTagをつけた機器の場所が表示される
この写真のように、AirTagを専用のホルダーに入れ、バッグなどにつけて使う

「微弱な電波で海外の忘れ物を検知」がなぜできる?

Bluetoothによる忘れ物検知には、ちょっとした“秘密”がある。

Bluetoothも微弱な電波なので、スマホから遠く離れた場所に直接通信することはできない。ところが、AirTagをつけておけば、家から遠く離れた場所、極端な場合なら海外でも、忘れ物を探すことができる。なぜか?

その秘密が、Bluetoothを使った「メッシュネットワーク」を使う方法だ。

前述のとおり、iPhoneをはじめとするアップル製品には、「探す」という機能が備わっている。これはもともと、iPhoneやiPad、MacにApple Watch、さらにはAirPodsなど、「ユーザー登録され、同一のアップルIDでひもづけられたアップル製品」がどこにあるかを探す機能だ。

それら各機器が「最後に通信して使われた場所」がアップルのネットワーク内に記録されており、その情報をユーザーが検索することで、「最後にその機器があった場所」を確認したり、機器のデータを消去して他人に使えないようにしたりすることが可能になっている。

AirTagもこの機能を使うのだが、通常の「探す」とはちょっと違う点がある。

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/