最速レビュー!アップルの忘れ物防止タグ「AirTag」を試してみた

精度は? 安全面は? 悪用されたら?
西田 宗千佳 プロフィール

cm単位で「場所」と「方向」を把握

1つ目は、「ユーザー自身が所有しているiPhoneやiPadとの通信」だ。

微弱な電波でも直接通信できる範囲、すなわち数m以内にいるのなら、「忘れているわけではない」ことになる。特に、カバンなどの場合がこれに該当するだろう。こういう状態なら、AirTagは何も発さない。

これで見つかればシンプルではある。

だが、日常的にはもうちょっと面倒な場面も多くある。置き忘れなどではなく、「確実に部屋や家の中にあることはわかっているのに、どこにあるかがわからない」というパターンだ。家を出ようとしたら、財布やカギが見つからない……といったシーンが該当する。

見当たらないのがスマホなら、別の電話から番号を鳴らしてみて、着信音で見つけることも可能だ。しかし、財布に電話番号は振られていない。

ここで登場するのがAirTagだ。

AirTagには、「UWB(Ultra Wide Band:超広帯域無線システム)」という方式での通信機能が内蔵されている。これを使うと、機器のある「場所」と「方向」がセンチメートルの単位で識別できる。

iPhoneに備わっている「探す」機能を使って呼び出すと、iPhoneのUWBを使って通信をおこない、「AirTagをつけたモノがどの方向に、どのくらいの距離にあるか」が画面に表示される。近づくと振動もするので、かなり正確に場所がわかるのだ。

もちろん、ベッドの中やソファの下などに隠れていると見えないわけだが、iPhoneの表示を元に探し出すことが可能なのだ。

iPhoneをかさずと、AirTagのついた機器がある場所の方向と距離が正確に画面上に表示される。筆者の手荷物と財布を探してみた

すごい精度!

この精度が、かなりすごい。

Bluetoothを使った忘れ物防止タグは他社からも提供されているが、UWBを併用したものは少ない。なぜなら、UWBを搭載したスマホがiPhoneくらいしか存在しないからだ。

数cm単位で的確にモノを探せるのは、AirTagの最大の利点といっていい。

ただし、この機能には1つの欠点がある。UWBを搭載したiPhoneでしか、利用できないのだ。

具体的には、「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」、そして「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」「iPhone 12 mini」のみが対応している。これらの機種を使っている人には本当に便利なAirTagだが、そうでない人にとっては、少々魅力に欠けるのは否めない。

逆にいえば、忘れ物をしやすい人にとっては、iPhoneを上記の機種に買い換えてでも使ってみたくなるだけの魅力がある製品とはいえそうだ。

では、もう1つの方法はどういうものなのか。

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/