実は、もともと5月5日は
「女性が家に籠って身を清める日」だった!?

5月5日を男子の節句としたのは江戸幕府である。宮中での“菖蒲信仰”は、鎌倉時代あたりから武家社会にも浸透。音が尚武(しょうぶ)と一致し、葉菖蒲の形が刀に似ているからと、武家社会になじんだと思われる。戦後占領軍により、男女あわせて「こどもの日」と定められるまで、端午の節句は男の節句。男子の成長と立身出世を願うお祭となり、令和のいまでも五月人形で祝うのは、徳川幕府の名残だ。

ところが、さらに遡れば、日本で5月5日は「女性の日」だったのである。5月4日の夜から5日にかけて女性は家に籠った。あるいは女性が最初に「菖蒲湯」に入ったり上座に座ったりするなど、一家の長としての扱いを受ける特別な日であった。重労働の前に女性を慰労するのが目的とする地域もある。農家では神迎えの意味もあった。

誰が世に許し定めけん  5月5日の一夜さを  女の家といふぞかし
(誰が許して定めたのか 5月5日の一晩を 女の家と呼ぶことを)

『女殺し油の地獄』で近松門左衛門が書いた浄瑠璃の一節である。文楽の舞台セットでも菖蒲で屋根を葺いている。旧暦の5月は田植えの季節。この日は「皐月忌(さつきいみ)」や「忌みごもり」とも呼ばれ、田植えに備えて「女性が家に籠って身を清める日」とされていた。

-AD-

種苗を田んぼに植える早乙女たちが、菖蒲やヨモギで屋根を葺いた仮小屋や神社などに篭って菖蒲酒を口にした。稲の神様のために穢れを祓い、神聖な存在になってから田植えに臨んだ。菖蒲とヨモギが選ばれたのは、稲作に従事してきた土着の嗅覚からだろう。

現代まで続く風習の大半は、江戸時代に庶民へと広がっている。農家と宮中の行事がどこでどう合わさり伝わったか実に興味深い。農家の風習は自然の神さまへの畏怖の念であり、五穀豊穣への感謝でもある。宮中行事は大概、中国から入ってきている。菖蒲とヨモギによる邪鬼払いも7世紀、湿気の多いこの季節に薬草を採って競う「薬猟(くすりがり)と一緒に日本へ伝わった。同じ菖蒲でも、中国は葉っぱの霊力に不老長寿を期待し、日本では根っこの薬効や形に関心が集まったらしい。