photo by gettyimages
# Apple

「超ハイスペだけど高すぎ」な新型iPad Pro、購入を検討するうえでの5つのポイント

ついにM1チップがiPadに搭載

4月30日より予約受付がスタートする新型「iPad Pro」。標準的なパソコン顔負けのスペックを誇る新機種の投入により、ユーザーは今ひとたび「買うべきか、どうするべきか」という問いに頭を悩ませることになりそうだ。

スペックをおさらいしよう。11.9インチと12.9インチの2モデルがラインアップされ、12.9インチモデルに1万個のミニLEDバックライトを採用。さらに高精細なディスプレイへと進化した。

photo by gettyimages
 

チップには、なんと最新のMacBook Airにも搭載されているM1チップを採用。従来のA12ZBionicとの比較で、処理性能は50%アップしたという。

そしてもうひとつの目玉は、8GB/16GBという大容量のメモリを搭載することだ。現在市販のノートPCは、8-10万円台のボリュームゾーンでは多くの機種が8GBを積んでいる。

これにM1チップが組み合わさることで、下手なノートPCの最新機種よりもハイスペックなタブレットになったわけだ。空前絶後の超ハイスペックタブレット、これが購入検討ポイントの1つである。

アップルが想定しているとみられるユーザーは幅広い。ブラウジングや動画視聴だけでは確実にオーバースペックなこの機種が、動画撮影・編集など重い処理を要求されるクリエイティブにターゲットを合わせているのは間違いない。

ネットの反応を見てみると、「絵描きガジェットの決定版」という意見がいくつか見られる。高精細ディスプレイと12.9インチという大画面は、イラスト作成などに向いている。イラスト用「液タブ」を凌駕する存在として、重宝される可能性はありそうだ。

編集部からのお知らせ!

関連記事