2021.04.28
# 企業・経営

ハーバード卒のITエンジニアが、「Excelで仕事の管理は非効率」だと話すワケ

ちょっとの工夫で、IT周りが激変!

ソリューションエンジニアとして日々様々な日本企業とやりとりする中で、「惜しい!」と言いたくなる、あと一歩なIT環境を多々目にします。その多くは少しの工夫でぐっと効率的になるものです。

以下、実際によく目にするちょっと非効率な日本企業のIT周りと、その解決策を提案していきます。読んで頂く中で、読者の皆さんもはっとする内容があるかもしれません!

「ご都合宜しいお時間ございませんでしょうか」

日本のクライアントとの日程調整にあたり、

「以下ご都合宜しいお時間ございませんでしょうか

○月○日 14時~
○月×日 16時~…」

というメールがよく送られてきます。

Photo by iStock
 

一概に悪いとは言いませんが、よくよく考えると手数の多いオペレーションです。社内メンバーのカレンダーを確認、日程の候補を複数確保、希望する枠をメールに転記、日程が確定したら必要なくなった予備枠をリリース…と少なくない手作業が発生しますよね。

私自身、以前まで、まさにこのように日程調整をしていました。そんな中、米国の同僚に教わったのがCalendlyというwebサービスです。

Calendlyの仕組みを、例えば私、社内メンバー、クライアントの3者のオンラインミーティングの日程調整を例にとってご説明しましょう。CalendlyをGoogleカレンダーやOutlookのカレンダーなどと連携させたうえで、リンクを作ってクライアントに送ります。

関連記事

おすすめの記事