菅政権は耳を傾けてほしい…「国民が本当に求める、ワクチン接種の“本音”」

秦 正樹 プロフィール

現時点では、高齢者のワクチン接種が一部自治体ではじまったものの、接種を行う医療従事者側の接種が、未ださほど進んでいないことも報じられている。

あるいは、先日の訪米の際、菅首相とファイザーとの電話協議で9月までに接種対象者全員分のワクチン確保の合意がなされたと大々的に報じられた。しかしその後、参院厚生労働委員会で田村憲久厚労相が「合意書を交わしているわけではない」と述べるなど、政府が示すプランと実態には齟齬が生じているし、そもそも政府自体の説明が二転三転することは、多くの国民に不安と不信を与えるだけである。

photo by gettyimages

この実験結果を踏まえれば、まずは政府側で今一度しっかりと接種のスケジュールや方針を固めて、そして国民には「確定的な政策」として伝えることが肝要であるといえよう。その調整のために多少ワクチン接種のタイミングが遅くなったとしても、国民は(ある程度)安心してワクチン接種に臨めるし、結果的には、円滑な接種で、より早期に目的が達成されると考えられるだろう。

 

謝辞・付記
本稿はJSPS科研費基盤研究A(課題番号19H00582)「選挙ガバナンスが正確な投票(Correct-Voting)に与える影響に関する研究」の助成を受けた成果の一部である。なお本稿は、選挙ガバナンスに関する研究課題に応える目的で実施した実験結果について、フレームワークを変えて再構成したものである。

【註】

*1時事通信「コロナワクチン打つ、7割 東京五輪反対は過半数―時事世論調査」2021年02月20日(https://www.jiji.com/jc/article?k=2021022000390&g=soc

*2たとえば製薬会社側は2回の接種を求めているにも関わらず、自民党内ではワクチン確保の都合で接種1回化が提起されたこともある(朝日新聞2021年2月22日朝刊https://digital.asahi.com/articles/ASP2Q41V3P2QUTFK00Q.html

*3政府分科会の尾身茂座長のインタビューでも今後のメディアの報じ方が円滑なワクチン接種の進展のキーになると指摘している(https://www.buzzfeed.com/jp/yutochiba/omi-vaccination-2

*4なお実験は、一般的なコンジョイント実験の方法に則って、4回(task=4)の実験を行った。また、以降では国勢調査に基づいたウェイト補正をかけた分析結果を示している。

*5関西大学の研究チームは、副作用の可能性を肯定もしくは否定的に、あるいは人数もしくは割合で示すかでワクチン接種意向が異なることを明らかにしている。(https://www.kansai-u.ac.jp/ja/assets/pdf/about/pr/press_release/2020/No57.pdf

*6大阪を中心に拡大している変異株(N501Y)は、比較的若い人の重症化を引き起こすことも指摘されているが、本調査を実施した時点では、変異株の拡大はまだ見られていなかった。

【参考文献】(アルファベット順)

・西田亮介.2020.『コロナ危機の社会学―感染したのはウイルスか、不安か』朝日新聞出版.

・Hainmueller, J., Hopkins, D. J., & Yamamoto, T. 2014. Causal Inference in Conjoint Analysis: Understanding Multidimensional Choices via Stated Preference Experiments. Political Analysis, 22(1): 1-30.

・Hainmueller, J., Hangartner, D., & Yamamoto, T. 2015. Validating vignette and conjoint survey experiments against real-world behavior. Proceedings of the National Academy of Sciences, 112(8): 2395-2400.

・Horiuchi, Y., Smith, D. M., & Yamamoto, T. 2018. Measuring Voters’ Multidimensional Policy Preferences with Conjoint Analysis: Application to Japan’s 2014 Election. Political Analysis, 26(2): 190-209.

・宮坂昌之.2020.『新型コロナ 7つの謎 最新免疫学からわかった病原体の正体』ブルーバックス新書.

・Motta, M. 2021. Can a COVID-19 vaccine live up to Americans’ expectations? A conjoint analysis of how vaccine characteristics influence vaccination intentions. Social Science & Medicine, 272, 1136-42.

・Song Jaehyun・善教将大.2016.「コンジョイント実験の方法論的検討」『法と政治』67(2): 611-652.

関連記事

おすすめの記事