日本のワクチン接種は出遅れている photo/gettyimages
# 新型コロナウイルス

「ワクチン敗戦」した日本、このままでは「GDP成長」も「円高」も起こりえないワケ

「調整相場」のウラで…

4月に入り、ドル高相場がピークアウトしている。対円では108円割れを臨み、対ユーロでは1.20台に復帰する地合いだ。

以前の本欄への寄稿『ドル高・円安に「死角」はないか…為替市場、2021年「上半期&下半期」の“重要テーマ”がわかった!』では金利、コロナ抑制状況(端的にはワクチン接種率)、原油の3つが現状を読み解くキーワードになっていると議論した。

とりわけワクチン接種率が高い国は行動制限解除の見通しが立ちやすく、したがって成長率見通しも金利も上がりやすいことから選好されやすいという論点も強調した。4月に入り、債券・為替市場は調整色を強めているものの、こうした視座の重要性はまったく変わっていないというのが筆者の基本認識である。

ワクチン接種率と経済の関係ははっきりしてきた photo/gettyimages
 

確かに、世界的にウイルスの変異が感染拡大に繋がっている状況があり、「ワクチンさえあれば4~6月以降の世界経済は上向き」というメインシナリオがリスクに晒されている機運はある。

とはいえ、従前のウイルスであれ、変異したウイルスであれ、ワクチン接種こそが唯一にして最善の出口戦略なのだから、その戦略が一番上手くいっている(≒一番ワクチンの接種率が高い)経済への見通しが明るく、市中金利も高く、結果として当該通貨が買われやすいという事実は動きようがないだろう。

編集部からのお知らせ!

関連記事