記者会見で話す土屋由希子さん

地方議会の驚愕実態…懲罰処分のトップ当選女性町議が“怒りの反撃”に出たワケ

「議会は私が思っていた希望のある場所ではありませんでした。同調圧力、けん制、いじめや脅しのようなものが存在しました。そして驚きの連続だったのが、町を良くしようという考え方よりも、昔からの前例踏襲の方が正義となっている部分でした」

4月14日、横浜地裁502号法廷――。

「近場の温泉街」として知られる神奈川県湯河原町で町議を務める土屋由希子さん(38)が、自らに下された懲罰処分を不服として訴えた「処分取消等請求事件」の第1回口頭弁論が行なわれ、法廷に立った土屋議員は、張りのある声でこう述べた。

湯河原で一体何が…〔PHOTO〕iStock
 

町議に共有された「個人情報満載のリスト」

土屋議員が懲罰にかけられたのは、昨年9月7日に開催された本会議において、「湯河原町の全滞納者の名簿が、町議会議員に配布されており回収されていない。これは問題ではないか」といった趣旨の質問を行ない、これが非公開の会議「秘密会」での共有を前提に町が開示したものだっただけに、規定(「秘密会の議事はもらしてはならない」という町議会会議規則第92条2項)に反しているとして処分された。

滞納者名簿は、町民税、固定資産税、介護保険料、上下水道料金などの給付金を含んでおり、約2000名に達し、個人名、法人名、滞納の経過や処分内容に及んでおり、厚さは3~4センチにもなる。町の人口は約2万3500人。その約1割に相当する個人情報が満載されたリストが、町議に情報共有され、しかも回収されていない。

編集部からのお知らせ!

関連記事