誰も教えてくれなかった…不動産の税金をゼロにする「シンプルな方法」

登記済証と売買契約書はお持ちですか

ここまで税金が高いなんて

親から相続した土地が1000万円で売れた。それなのに、都内在住の佐藤耕太さん(66歳・仮名)の表情は暗い。

「相続税とは別で、家を売る際に譲渡所得税と住民税、あわせて約190万円も取られたからです。ここまで税金が高いとは思いませんでした」

不動産の所有期間が5年を超える場合でも、譲渡所得税と住民税は合わせて20%もかかる。しかしそんな佐藤さんが、もし「正しい書類」を用意できていれば、この税金はゼロにすることもできた。

まずは、下の表の19、実家の売買契約書だ。

▼夫婦で探し出して得する「書類」、やっておくべき「手続き」

「譲渡所得税はそもそも、不動産を売ったおカネから買った値段を引いた利益にかかる税金です。売買契約書があれば購入額が分かり、その分だけ課税所得から引くことができます。

 

ところがこの書類がなく、いくらで買ったか分からない場合、取得額は売却額のわずか5%で計算されてしまうのです」(税理士・山中雄太氏)

編集部からのお知らせ!

関連記事