コロナ禍で、人と接触する機会自体は激減しているというのに、性暴力関連の被害件数は逆に増加している。全国にある性暴力を支援するワンストップ支援センターによせられた相談件数は、コロナ禍の2020年上半期(4~9月)の相談件数(速報値)が2万3050件と、前年同期より15.5%増加した。今も相談件数は減らない。

つい先日も中学生(小学生も含む)が性的いじめを受け、結果、凍死してしまうという悲惨な事件が報道されたばかりだ。子どもが性暴力の被害者となるケースを考えてみると、家で過ごす時間が長くなったぶん、ネットに接する時間も増えたことで、子どもがSNSを活用し介して受ける性被害・トラブルが(未遂や表沙汰になっていないものを含め)急増していることは想像に難くない。

旭川の事件のようなSNSでの性被害や性的ないじめなども増加している。photo/Getty Images

性暴力の危機がこれだけ子どもたちの身近に迫っている今、果たして学校ではどのような取り組みが行われているのだろうか。

-AD-

セックスは完全スルーなカリキュラム

ふと、この春高校に入学した息子が中学生のころの保健体育の教科書をパラパラと読んでみて、愕然としたことを思い出した。

都内の教科書専門店で、現在使用されている小・中学の保健体育の教科書を入手し調べたが、性教育と呼ぶには絶望感がある内容しか記載されていない。写真/太田奈緒子

意外に分厚い「保健体育・保健分野」の教科書にあった性教育に関連しそうな項目は「体の発達・発育」と「心の発達」あたりで、全体の2割にも満たない。さらにその項目の全てが性に関するものではなく「呼吸器・循環器の発達」だとか「発育曲線」、「大脳の働き」、「ストレスへの対処」などの項目に紛れて「第二次性徴」や「生殖機能の発達・発育」、「欲求への対処」などという性教育っぽい項目がわずかに並んでいるだけだった。

そこには近年重視されている「性的同意」はもちろん、「セックス」という言葉や「避妊」については項目すらない

もしかしたら、特別授業のような形で性についての教育が行われていたのかもと思い、息子に尋ねてみたものの「そんなもんなかった」とバッサリ。

「妊娠とか出産についての話とかも?」と聞くと「生物的なしくみについては説明があったかな。あと、家庭科で子育てについての授業はあった。離乳食の作り方や栄養についてとか、幼児の生活リズムとか…」(息子)

セックスについて伝えず、生まれた後の子どもの世話については勉強するのか……。なんかシュールだね、と息子と話した。

現実では、目をそむけたくなるような子どもへの性暴力関連の事件が日々、報道されるというのに……。学校の性教育は私たちが子どものころと1ミリも変わってない現実に、絶望を感じていたとき、思わぬニュースが飛び込んできた。