Photo by iStock

最近のテレビが「似たような番組ばっかり」な理由と、その現状を解決する方法

ヒントは『勇者ヨシヒコ』にあり!

どの番組も、似たり寄ったり

ここ数年のテレビ番組の傾向を俯瞰すると、「韓流ドラマ」、「クイズ」など、民放キー局が一斉に類似番組を放送し、「どのチャンネルを見ても同じ」と揶揄される状況が一部で発生している。

具体的には、日本テレビ『世界の果てまでイッテQ!』の成功により同種の「海外情報バラエティー番組」が急増した。コロナ禍の影響で現在は減ってきてはいるものの、2015年の4月編成の時点では1週間の番組編成表に、民放局で17本もの海外情報を扱ったレギュラー番組が並ぶ状況に陥っていた。

『世界の果てまでイッテQ!』の司会を務める内村光良[Photo by gettyimages]
 

インターネットの普及など、メディアや娯楽媒体の多様化の影響により、「テレビ離れ」現象が指摘されている。特に若年層を中心に「見たいものがない」といった、テレビ番組に対する不満が高まる中、全体的な「視聴率」も低下傾向にあり、2020年の電通の発表によると、テレビはインターネットに広告費で凌駕されている。

現状まだ基幹メディアに位置していると推察されるが、テレビが10年先にどうなっているかについては不透明だ。創造性豊かな番組を放送できなくなれば、近い将来にテレビは「多様なメディアの中の選択肢の一つ」に脱落する可能性もあるだろう。

このような番組の多様性低下の主要因として、「視聴率至上主義」の影響が指摘されるが、実は根幹の部分で、民放キー局内部の組織体制の変化が深く関与している。それは、番組の存続や新企画の投入を決める局内の「編成部門」へ権力が集中したことだ。

彼らが、最優先事項である「視聴率」の影響を番組の制作現場へ反映させ、「作り手」の自由度を制限していると推察される「編成主導体制」という組織体制の問題である。まさに、編成部門の担当者が、制作現場に「何か、イッテQのような数字の取れる企画はないの?」と働きかけた結果、現在の状況を生んでしまったといった具合であろう。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/