池江璃花子選手の復帰に便乗し「五輪開催」を声高に叫ぶ人たちへの強烈な違和感

本当に選手たちのことを考えているのか
赤木 智弘 プロフィール

選手生命を落とすことも考えられる

ただ一方で、どうしてもオリンピックに出たいという選手たちの気持ちも分かる。オリンピックはアマチュアリズムであるとは言われているが、プロではない企業所属の選手であっても、オリンピックの勝利で得られるネームバリューというのは、他の世界大会よりもはるかに優位なものである。

企業にしてもオリンピックでの活躍が自社の格好の宣伝になる。いくら世界レベルの大会で勝っている選手でも、やはり所属企業に受けが良いのはオリンピックでの勝利である。また、選手として引退したあとでも、オリンピックで勝利したという実績が選手にもたらすメリットは決して小さなものではない。

とはいえ、やはり新型コロナ禍のなかで世界の選手たちが一堂に会するリスクの大きさは無視できるものではない。

photo by gettyimages
 

もし選手が新型コロナに罹り、その後遺症で選手生命を落とすことも考えられる。少なくとも平時に行われるオリンピックよりは、現在のオリンピック開催のリスクが高いことは確実である。コロナ禍でのオリンピックが選手にもたらすことがあるのかも知れないが、一方で選手から奪う可能性があることを決して忘れてはならない。

選手たちの活躍は、それを見る人に感動をもたらしてくれる。しかしその感動は選手たちの受けるリスクを無視してまでも、要求しても良いものだろうか?

オリンピックは世界の選手が集まる場ではあるが、決して世界の選手が集まる場はオリンピックだけではない。オリンピックを見ることでその競技の選手を応援することはできるが、その一方でオリンピック以外でもその競技の選手を応援することはできる。

僕たちが選手たちにできることは、その競技に興味を持ち、それを応援することである。オリンピックはそのきっかけを提供してくれる大会ではあるが、たとえオリンピックが開催されなかったとしても、その競技がなくなってしまうわけではない。

現状を考えるに、東京オリンピックを開催を批判することは、決して選手をないがしろにすることにはならないし、東京オリンピックを無理に開催することが、アスリートファーストな姿勢とは言えない。僕はそう思う。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/