海洋地球研究船みらい(NHK提供)

北極に行ってようやく分かった、地球に迫る”恐ろしい未来”

北極調査45日間に密着!

2020年9月19日、日本が誇る研究船「みらい」が、北極に向けて出航しました。総勢11名の研究者たちが、激変する北極の“今”を調査するのです。北極は、今後、地球に起こる異変が、はじめに現れる場所―いわば、「炭鉱のカナリア」として注目を集めています。

この1か月半に及ぶ北極調査に、NHKコズミックフロント取材班が、まるごと密着! 研究者たちと寝食を共にする中で、激変する地球環境の“リアル”が見えてきました。私たちの未来を占う最新観測結果と、研究者たちの奮闘をリポートします。

北極の空を彩るオーロラ(NHK提供)
 

コロナ禍での挑戦 いざ北極へ!

2020年9月。厳しい残暑の中、私たち取材班は静岡県清水港に停泊中のみらいの中で、鼻に棒を突っ込まれていました。フガフガ…新型コロナウイルス感染対策のためのPCR検査です。今回の航海は、日本から北極へ行き、どこの港にも寄らず、日本に戻ってくる無寄港航海。そして、みらいの定員は80名。もし船内で、感染が起こったら大変。そのため、全乗船者にPCR検査が行われたのです。

隔離されながら結果を待つこと2日間…ドキドキしながらメールを開くと、乗船者全員の陰性の連絡が! 良かった、良かった。

静岡県清水港に停泊する海洋地球研究船みらい(NHK提供)

みらいへ荷物を搬入する9月17日。船に巨大クレーンが横付けされ、大量の研究機材が積み込まれていきます。その後、さっそくご挨拶がてら、研究者たちへインタビューを開始。研究者は男女およそ半々ずつです。海洋学、気象学、生物学など、さまざまな分野のエキスパートが乗り込んでいます。みんな、若い!

北極航海は1か月半にも及びます。そのため、大学で教鞭を執るベテラン研究者たちは、時間が取れず、なかなか乗船できないのだそうです。そのため、自身の研究室の大学院生など、若い研究者たちが代わりに乗船し、観測を行います。

こうして、若い研究者たちに、リアルな現場で経験を積むチャンスが巡ってきます。彼らは、地球環境の激変に、真っ向から向き合わなければならない世代。そんな、次世代の研究者が大勢乗船していることに、頼もしさを感じました。

そしていよいよ、出航の時。みんな甲板に出て、離れていく陸を見つめます。盛大な見送りがあるのかな~と思いきや、陸には誰もいない! 普段は、大勢が見送りに駆けつけるそうですが、今回はコロナ禍への配慮から、見送りは禁止。少々寂しいですが、研究者たちは皆、笑顔。北極観測に少しの緊張とワクワクを感じているようです。

出航前に記念撮影をする研究者の皆さん(NHK提供)
編集部からのお知らせ!

関連記事