肌がうるおう、鶏ごぼうの粕汁

撮影/矢野宗利

こんにゃく、ごぼうには、食物繊維はもちろん、肌のバリア機能に不可欠なセラミドが豊富! さらに、酒粕も食物繊維が豊富(100gあたり5.2g)です。麴菌の発酵により整腸作用もあるので、お通じ対策にも。

<材料>2人分
鶏もも肉…………100g
ごぼう……………60g
大根………………50g
長ねぎ……………50g
にんじん…………20g
こんにゃく………40g
+好みの具材……適量
一番だし…………550cc
しょうゆ…………小さじ1
白みそ……………30g
酒粕………………30~40g

<作り方>
【1】鶏もも肉は約2cm角に切る。ごぼうは約3mm厚さの斜め切りにして、水にさらしてアクを抜き、ざるに上げ、水けをきる。大根は、皮をむき約5mm厚さのいちょう切りにする。長ねぎは約5mm幅の小口切り にする。にんじんは皮をむき、へたを切り落として約2mm厚さの半月切りにする。こんにゃくはスプー ンで一口大にちぎり、熱湯で3分ほどゆでてアクを抜く。
【2】鍋に一番だしを沸かし、しょうゆを加え、沸騰させる。鶏肉、ごぼう、大根、長ねぎ、にんじん、こんにゃくを加え、鶏肉と野菜がやわらかくなるまで15分ほど中火で煮る。
【3】【2】の煮汁を適量ボウルに取り出し、白みそ、酒粕を入れて泡立て器で混ぜ溶かしたら、鍋に戻し入れて一度温める。濃度を調節して(煮詰まってしまった場合は水を加えて)器に盛ったら出来上がり。

 SONMI'S ONE POINT!
酒粕には代謝アップに不可欠なビタミンB群が豊富。水溶性で水に溶け出すため、スープごと摂取できるこの調理法はベストな手段です。

親友・バービーさんとの対談「コロナ禍の美磨き」記事はこちら▶︎

美肌は最高のジュエリー
スキンケアブランド「meeth」の代表であり、32歳にして赤ちゃんのような美肌を持つ、美肌研究家・ソンミ初のスキンケアブック。美肌を作るための「正しいスキンケア」「生活習慣」「食事」のカテゴリー別にテクニックを紹介。特別特典として、クレンジング、洗顔料、化粧水、デイクリーム、UVクリームのお試しサンプル付き!(講談社の実用BOOK)

撮影/吉田崇(モデル)、矢野宗利(料理)  スタイリング/NIMU(モデル)[まきうらオフィス]、 遠藤文香(料理) ヘアメイク/猪股真衣子[TRON] レシピ監修/(一社)日本フードドクター食医学協会 文/石原有起

-AD-