キャンプでもお家でも、無印の「頑丈ボックス」が超活躍するワケ

もう、ない生活が考えられない…
金子 大輝 プロフィール

圧倒的にリーズナブル

頑丈ボックスを勧めてくれたキャンプ仲間は、頑丈ボックスにテントとタープを袋に入れずそのまま入れているという。キャンプが終わったら、ボックスごと風呂場に持ち込み、中でザブザブと洗うのだそうだ。

キャンプの撤収は何かと時間がかかるが、ボックスにパパッと詰め込み、そのまま洗えるとなれば、時間の節約にもなる。そういった意味でも、頑丈ボックスは活躍する。

スクエア(すぎない)なフォルムがちょうど馴染む/筆者撮影

そして、驚くべきはその価格。特大でも2590円(税込)と、活躍の幅を考えると極めてリーズナブルだ。子どものおもちゃ箱、衣装ケース、本棚、収納付きのイス…。生活の数だけ、頑丈ボックスの活躍の場はある。

堅牢さとスマートさに、妙な愛着すら湧く「ポリプロピレン頑丈収納ボックス」。買っておいて損することは決してない。もう筆者は、頑丈ボックスのない生活が考えられない。収納ケースに迷っている人は、ぜひ検討してみてはいかがだろうか。

 

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/