無印良品新宿店/編集部撮影

キャンプでもお家でも、無印の「頑丈ボックス」が超活躍するワケ

もう、ない生活が考えられない…

「キャンプグッズ沼」を脱出できる逸品

キャンプ用品選びは「沼」だ。多くのキャンプ好きに、このことは共感してもらえるだろう。

テント、ガスバーナー、ランタン、チェア、食器、タープ、グローブ、ストーブ……。屋外での衣食住すべてに関わるアイテムが発売され、定番モノもあれば年々グレードアップされるものもある。この装備に替えれば、あの作業がもう少し快適になる…より楽しいことができる…などと考え始めると、物欲は堰を切ったように溢れ出てくる。

その衝動に身を任せると、人は時として間違う。用品店でこれは使える!と思って買ったものの、持ち運びの勝手やオフシーズンの保管場所などに難があり、翌年には仕方なく処分してしまった…という経験がある人も多いのではないだろうか。

キャンプ歴5年(フジロックでのキャンプ歴を入れれば11年)の筆者も、イマイチしっくりしないキャンプギアを購入した経験がある。その多くが、「自宅でも使えるかもしれない」という甘えにも似た感情で、「帯に短し襷に長し」な商品をつい手に取ってしまう癖があるからかもしれない。

もちろん、本当に買ってよかった、と思うキャンプ用品もたくさんある。なかでも、「これだけは廃盤になって欲しくない…」と思う、キャンプ最強グッズのひとつが無印良品で販売されている。

それは、「ポリプロピレン頑丈収納ボックス」だ。

公式サイトより
 

無印をよく利用している人や、キャンパーには定番すぎるアイテムかもしれない。ただ、家で使うもよし、キャンプではあらゆる用途で活躍する「頑丈ボックス」を、シーズン前に改めて再評価したいと思う。

頑丈ボックスは小、大、特大の3サイズ展開。小:幅40.5×奥行39×高さ37cm、大:幅60.5×奥行39×高さ37cm、特大幅780×奥行390×高さ370mmと、それぞれの用途に合わせて導入できるうえ、積み重ねても使えるサイズ感だ。

編集部からのお知らせ!

関連記事