photo by iStock
# 貧困

「ナプキンくらい買えるでしょ」…経済的支援で「生理の貧困」が解決すると思っている人の大間違い

ワイドショーでも取り上げられ話題、だが…

「ネグレクトで親にナプキンを用意してもらえなかった」「ナプキンを買う余裕が無く、布で代用しています」

現在、女性向けメディアで「生理の貧困」の取材を行っている私のもとに、日々当事者からこんな声が寄せられる。

photo by iStock

最近、「#みんなの生理」という団体が行った調査で、若者の5人に1人が生理の貧困を経験したことがあるという実態が明らかになった。

ワイドショーなどでも連日取り上げられ話題になっているが、「いろんな貧困がある中で、“生理”の問題だけ特別扱いするのは違和感がある」などという声もあり、十分な理解はまだまだこれからだと感じている。

メディアでは生理の貧困についてその多くが、コロナ禍での経済状況の変化によって1パック300円ほどのナプキンも買えないほど困窮した人たちの問題として報道されている。そのため「経済的支援が優先。生理用品を配っても何も解決しない」なんていう声が出てくるのだ。

しかし、実際当事者の声を拾い集めていると、生理の貧困は経済的理由以外にも、様々な要因があり、解決が難しく、可視化されにくいものであるということが見えてきた。

 

また長年、“性”にまつわる話題はタブーとされてきた社会で、当事者が声をあげづらいという特性があり、他の貧困問題と並列にされるのではなく、単体で議論されるべき問題だと感じている。

実際、私のもとに寄せられた体験談から、この生理の貧困という問題の複雑さについて説明していきたいと思う。

編集部からのお知らせ!

関連記事