# メンタル

「いいお母さん」こそ要注意…「いつも弱気な人」が生まれる意外な理由

大嶋 信頼 プロフィール

「いいお母さん」こそ要注意

これをされると、子どもの中で混乱が起こります。母親を頼るように仕組まれておいて、実際に頼ったら卑下されるのですから「それってどういうこと?」となるでしょう。

Photo by iStock

その混乱が「自分でやってもうまくいかない」とか「弱気」を生み出します。

大人になってからも、母親と同じような存在の人を見つけて、積極的に手を出してもらうことを求めておきながら「うまくいかない」とか「弱気」を連発し、自分を卑下するのです。要するに、母親にやってもらったことを、上司や同僚などで再現するような感じになるわけです。

だいたい、この「いつもうまくいかない」とか「弱気」になってしまう人は「母親の印象はまったく悪くない」のです。だから「母親が原因なんて考えられない」と、いつまでも「弱気」の原因がわからずにグルグルしてしまいます。

だって、母親が、お世話焼きで、心配性で、ダメ出しをしてくれる「いいお母さん」を演じていたわけですから。母親が「子どもが自分から離れてしまう恐怖」を抱えていて、子どもが離れないように愛情で縛りつけているなんて、思いもしないのです。

でも「うまくいかない気がする」と弱気になるのは「お母さんのところに引き戻される」という仕組みになっているからです。

 

弱気になって、すべてを失って母のところに戻ってくる。

シャケが母なる川に戻るように、弱気でうまくいかなくて、様々なものを失って母のところに帰っていくという仕組みが、そこにあるのです。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/