Photo by iStock
# メンタル

「いいお母さん」こそ要注意…「いつも弱気な人」が生まれる意外な理由

何をやってもうまくいかない気がする。だから、一歩踏み出せない……。いつも自信がない人、弱気な人の心理には、何が隠れているのか? 『「悩みすぎる」人のトリセツ』を出版した、心理カウンセラーの大嶋信頼氏によれば、意外にも「母親の愛情」が大きく関係しているという。その理由と、すぐに効く処方箋を大嶋氏から教わった。

いつも弱気な人の「トリセツ」

いつも自信なさげで「自分がやってもうまくいかないような気がして、どうしても弱気になっちゃうんですけど」という方がいらっしゃいます。

Photo by iStock

相手が部下だったら「もう社会人なんだから、弱気なんて言ってられないでしょ!」と説教したくなるかもしれません。

ただ部下のほうも、実際に失敗したことがあって、その経験から「自分がやってもうまくいかない気がする」と言っている可能性はあります。

それを「何度も挑戦して乗り越えていきなさい!」と突き放すのが、昭和の上司なのかもしれません。ですが最近では、こんな部下に対して「甘ったれるな!」と言ったりすると「パワハラじゃ~!」と嫌われて、大変なことになってしまいます。

だからと言って、親身になって話を聞いても「自信がありません」とか「弱気になってしまうんです」と言うのは少しも変わらないので、ものすごい疲弊感を覚えます。

 

「一生懸命に励ましてあげているのに!」とか「何度も信じてサポートしているのに、ちっとも変わってくれない!」を繰り返されることで「チーン」とやる気をなくして気分が沈んでしまいます。

そのうち、その人のことを考えるだけで「自分もうまくいかない気がしてきた」と、後ろ向きになってしまうのです。

編集部からのお知らせ!

関連記事