〔PHOTO〕iStock
# 相続

姉が「母の遺産2000万円」をネコババ…怒り狂った妹が起こした「物凄い行動」

勝手にカネを抜く

相続に関する争いは千差万別ですが、一番多いケースが、「親が死んだら預金口座が空っぽだった」というケースです。

基本的には親に一番近い子供の一人が、コツコツと親の預金をATMから抜いていた、というのがその真相なのですが、なぜそれが可能なのか、またそれがどんな争いになるのか、具体的な例を見てみましょう。

今回の登場人物は以下の通りです(すべて仮名)。

・母の武藤友美さん(保有資産、都内23区の文教地区に戸建て保有)
・長女の一子さん(59歳、結婚しており専業主婦、都内在住)
・次女の次美さん(57歳、結婚しており専業主婦、埼玉県在住)

都内に住む武藤友美さんが亡くなったのは2年前のこと。葬儀のとき、友美さんの娘である長女の一子(かずこ)さん、次女の次美(つぐみ)さんの姉妹は、とくにもめることもありませんでした。

〔PHOTO〕iStock
 

友美さんが夫(つまり、一子さんと次美さんの父親)を亡くして一人暮らしになってからというもの、彼女の身の回りの世話をしていたのは、基本的には一子さんでした。一子さんは友美さんの自宅の近所に住んでいたため、友美さんがデイサービスを必要とするようになってからは、その送り迎えなど日常的な世話の大部分を担っていたのです。

一方、次美さんは、埼玉の群馬寄りの地域に住んでいたため、都内に頻繁に出るのは簡単ではありません。友美さんの世話は姉の一子さんにほとんど任せきりという状況でした。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/