日本株「本決算シーズン」がやってくる photo/gettyimages

日本株の「本決算」シーズン、じつは「プロがいま警戒している20銘柄」全実名

間もなく最大のイベントがやってくる

日本株「本決算シーズン」が始まる!

緊急事態宣言の解除にともなって一旦は落ち着きを見せたかに思えたコロナ禍も、感染者の再拡大によって収束が一気に怪しくなり始めた。大阪府では初めて感染者数が1000人を超え、その他の地域でも「まん延防止等重点措置」の導入が検討されるなど、混迷を極めている。

そして、それと同期するかのように、日本株市場も軟調なレンジ相場が継続しているが、そんな環境下でもお構いなしにやってくるのが、株式市場における一年で最大のイベント、「本決算シーズン」だ。

一年最大のイベントがやってくる photo/gettyimages
 

製造業などを中心に、世界的に景気の底打ちが見られるため、コロナ禍の最悪期と比較すれば強い決算への期待が高まっているのは確かだ。しかし、それに先行して過剰な金融政策によって株価が先行して大幅に上昇した背景から、その数字の通りに株価が動くかは別問題である。

ファンダメンタルズと株価の乖離は今に始まったことではないが、コロナ禍と日経平均3万円という矛盾が素直に景気や業績の回復に反応できない根本原因であることは間違ないだろう。現在の軟調な日本株市場の動きを見ても、いわゆる「業績相場入り」を期待するのは早計だと言える。

その意味で、今回の本決算シーズンは、単純に「好決算だから株価高騰」というロジックで説明できる可能性は低く、例年以上に複雑な要因が絡み合う混沌とした動きとなることが予想される。

その一例として挙げられるのは、4月9日にいち早く2021年2月期の決算を発表した安川電機だ。

編集部からのお知らせ!

関連記事