NiziUの勢いがすごい。新曲『Take a picture』がBillboard JAPANの総合ランキング(4月14日付)で2週にわたり1位を獲得。オリコンの週間デジタルランキング(4月14日付)でも『Take a picture』が1位、同曲の両A面シングルである『Poppin’Shakin’』も2位と、女性グループ史上初めて1位・2位を独占した。

※先日配信された『Take a picture』のダンスパフォーマンス版のMVでは、デビュー時よりさらにキレキレになった彼女たちのダンスを見ることができる。

そんな日本における活躍が韓国でも注目されているのか、韓国のアイドルコミュニティサイト「アイドルチャート」のYouTube公式チャンネルで、NiziUを生んだサバイバルオーディション番組「Nizi Project(通称:虹プロ)」の撮影監督へのインタビュー動画が先日5日に配信され、日本のファンのあいだで話題になっている。

-AD-

「光輝いている子がいた」

インタビューを受けたのは、韓国で数々の人気バラエティ番組を担当しているファン・ヨンヨン氏。彼は虹プロの最初から撮影監督として参加しており、参加者たちの素顔を間近で見てきたスタッフの一人だ。

ヨンヨン氏は、オーディションの中で目にとまったメンバーは誰ですか? と聞かれると、「東京予選の会場で、多くの参加者の中でも目を引くほど、光輝く子が向こうからやってきた」と言って、AYAKAの名前をあげた。「これまで数多くの芸能人たちを見てきたが、“輝いている”と感じたのは彼女が初めてだった」とまで言うのだから、よほどオーラがあったのだろう。

AYAKA〔PHOTO〕NiziUの公式インスタグラムより

プロデューサーであるJ.Y. Parkも虹プロの中でアヤカの魅力を高く評価し、JYPエンターテインメント(以下、JYP)所属のmiss Aの元メンバーであるスジに似ているとよく言っていた。スジは「国民の初恋」と称されるほど韓国で人気で、多くの広告に起用されたため「JYPの稼ぎ頭」「JYPの救世主」などと言われたこともある人物だ。当初、他の子たちよりも実力が足りなかったアヤカを落とすことをためらったのは、「第2のスジ」になり得る、溢れ出る輝きがあったからなのだろう。