# 介護

田舎親の「介護」に振り回されそうになった40代サラリーマンの「意外な決断」

断ることが優しさになる
太田 差惠子 プロフィール

「実家に戻る」ことをおススメしないワケ

おかしなもので、自分も同意見であり、配偶者がそう考えることはわかっていたにもかかわらず、拒否されてしまうとカチンと来てしまいました。

「僕一人で行けって?おまえ、冷たいな」とトオルさんは妻に対して声を荒げ、それから1週間ほど、妻は口をきいてくれませんでした。

今はコロナ禍で帰省しにくい状況が続いています。

トオルさんは、コロナが落ち着けば、両親に、実家近くの高齢者施設に入居することを勧めるつもりです。

何軒か候補の施設も見つけています。「今はコロナのおかげで帰省できないので、気持ちが楽です。ときどき電話はしていますが、介護保険のサービスを使って、それなりに日々を過ごしているようです。帰省できないことを喜ぶなんて、僕は親不孝者ですね」とトオルさんは自嘲気味に笑うのでした。

 

別居の親が倒れたらどうするのか。

筆者は、子どもが仕事を辞めたり、配偶者を説得したりして実家に戻ることには賛成できません。この先、子どもの人生は親の人生よりも長いのです。親のために離職して経済的に追い詰められたり、夫婦間が険悪になったりすることは、阻止すべきです。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/