Image by iStock

税務署はあえて言わない…知らないと損する「確定申告」と「還付金」の意外な落とし穴

所得税の確定申告。個人事業主にとっては、1年に一度の大イベントです。毎年、無事に提出できて、ほっとする人も多いのではないでしょうか。

でも書類を提出してもまだ、確定申告は終わりではありません。所得税の確定申告の結果、還付金を受け取ることになった場合、還付金はいつどんなかたちで手にすることができるのでしょうか。還付金のスケジュールなどについて解説したいと思います。

確定申告の還付金、いつもらえる?

所得税の確定申告が終わって、払い過ぎていた所得税が戻ってくることがわかると、次に気になるのが「いつ還付金をもらえるのか」ということです。もともと払い過ぎている税金を取り戻すわけですから、できるだけ早く返してほしいですよね。

とはいえ、申告する側は書類を提出するまでが大変ですが、申告される側は書類を提出されたあとが大変です。膨大な確定申告書の記載内容を確認して、添付資料などの関連書類も審査しなければなりません。

Image by iStock
 

そんなわけで還付金の支払手続までには、所得税の確定申告書を提出してからだいたい1ヵ月~1ヵ月半程度の期間がかかるとされています。

所得税の確定申告の期間は、2月16日から3月15日ですが、還付申告の場合その年の翌年1月1日から5年間、申告ができます。還付申告は個人事業主だけでなく、医療費控除や初年度の住宅ローン控除、ワンストップ特例制度を適用しないふるさと納税など、さまざまな理由で確定申告を行う会社員などの給与所得者も該当します。

例えば「1月上旬には確定申告書を送っちゃったよ」という人は、2月上旬~中旬には還付金を受け取れることになります。皆が確定申告にまだまだ追われている時期に、還付金を受け取ることだって、提出日によっては可能だということです。

とはいえ、各企業が税務署に支払調書を提出する期限は1月31日。よって、支払先に支払調書を送付するのは、同じ時期の1月の下旬くらいですから、支払調書を待って確定申告をする場合、現実的には難しいかもしれませんが……。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/