独占告白!「小室圭文書」に元婚約者が反論「私は納得できません」

小室さん母子との「認識のズレ」
週刊現代 プロフィール

初期のA氏は経済的な理由から返金を諦めきれずにいた。400万円を失い、71歳のA氏は生活のため、いまも週5日、再雇用という形で働いている。家賃8万円の木造アパートで暮らしており、悠々自適とはほど遠い。

しかし、最終的に'20年11月の秋篠宮眞子さまの「お気持ち」文書を読んだことで、「いつまでも自分の存在が二人の幸せの障害になってはいけない」と考え、返金を求めないことを決断したという。

A氏は眞子さまと圭さんの幸せを思い、「もうおカネは要りません」とはっきり語っている。ところが「カネのことで騒ぐのはやめなさい」と言わんばかりの不可解な主張を書き連ねているのが、今回の文書なのである。

 

圭君の「録音」に驚いた

A氏にとって、文書の内容は、首をかしげるようなものばかりだ。'10年9月にA氏と佳代さんは婚約し、その直後から佳代さんからA氏への金銭援助の依頼が始まった。

文書では〈元婚約者の方は、家族になるのだからこれからは金銭面も含めて全面的にバックアップします〉などと、A氏から積極的に小室家に金銭を渡したかのように書かれているが、実際はまったく違うという。

関連記事