鉄筋コンクリなのに天井からなにかが垂れてくる…

私が見てきた中で、ゴミ屋敷と呼ばれる部屋はどのような状態かと言うと……。ドアを開ければ腰高くらいまでゴミが積もっていて、天井までの距離がとても短くなっているとか、浴槽にもゴミが入っていてお風呂が使えないとか、ゴミのために冷蔵庫の下のドアが開かないとか、もちろん寝る場所もないのでゴミの上で横たわるとか。書きだしたらキリがありません。
「足の踏み場がない」という言葉がありますが、ゴミの上しか歩けないような状態はよく見かけます。トイレも、もともと便器の色は黒い色ですか?と思ってしまうほど内側だけでなく外側も汚れていて、どうしたらこのようになるのか教えて欲しいと思うほどです。

-AD-

ゴミから出る水分でフローリングが腐り、建物の基礎まで腐ってしまって建替えを余儀なくされた家主もいます。
鉄筋コンクリートの建物なのに、天井から何か落ちてくる、そんなクレームで確認をしたら上階のゴミの水分が落ちてきていたということもありました。結局その家主は物件を手放しました。ゴミの破壊力は半端ありません。

ゴミの大半は、ペットボトルや食べ物が入っている容器です。使い捨てソフトコンタクトレンズの容器が、洗面台のボウル部分に溢れていたということもありました。両目で一日2つ。それが1カ月で 60。数カ月で……。汚い部屋にいても、コンタクトはするんだ、そんなことを思った記憶があります。

ゴミ屋敷は、ある日突然にこのような状況になる訳ではありません。今日片付けよう、明日やろう、そう思っている間に少しずつ部屋の中に飲み食いしたゴミが転がるようになり、分別が面倒でゴミ捨て場に持って行けず、気がついたらどんどん溜まっていたということなのです。
正常な感覚なら、その状態をおかしいと感じるのでしょうが、心が少しずつマヒしていくのでしょうか。ゴミ屋敷は、心が壊れ始めていることが、形として出てきたという結果かもしれません。 

ゴミを分別し、きちんと出すことができる。それも心身ともに元気があるからできることといえる Photo by iStock