脇役なんて一人もいないんだなって

菜々緒さんなりの現場の楽しみ方はあるかと聞くと、「うーん」と少し考えてから、「あ、スタッフさんの動きを見たり、自分以外の人に監督さんが何か指示している様子を見るのは好きかもしれない」と言う。

-AD-

「現場では、いろんな会話が飛び交っています。誰かの指示を受けて、照明さんがライトの角度を微調整したりして、昔はその微調整の効果がわからなかったんです。それが最近は、試写を観ながら、『あ、あの照明の角度をこだわっていたシーンだ!こういう風になったんだ!』みたいなことに気づけるようになって、感動が倍増したり(笑)。照明さんの専門用語はわからないけれど、出来上がった時に、『あ、ここでレフを当ててくれた! 有難いな』とか。

どんな些細なシーンでも、そこにいるスタッフが一人でも欠けたら成立しないとわかったので、美術も、音声も、照明も、衣装もメイクも、裏方で頑張ってくださっているスタッフの思いまで透けて見えたりすると、表に出る人たちだけじゃなく、裏方と呼ばれる人も、みんなが主役で、脇役なんて1人もいないんだなって思います。誰一人欠けちゃいけないんだって」

撮影/岸本絢
©2021「映画 バイプレイヤーズ」製作委員会
映画『バイプレイヤーズ〜もしも100人の名脇役が映画を作ったら〜
富士山麓の撮影所バイプレウッドでは、田口トモロヲ、松重豊、光石研、遠藤憲一らお馴染みの名バイプレイヤーたちが配信ドラマを撮影、濱田岳、柄本時生、菜々緒、高杉真宙、芳根京子ら若手俳優たちは自主映画『月のない夜の銀河鉄道』の制作に励んでいた。『月のない〜』で、監督の濱田は、ラストシーンに、バイプレウッドに集う100人の名脇役の出演を目論む。100人の頂点に立つ主役は犬だ。そんな中、バイプレウッドに買収の話が持ち上がり……。役所広司、天海祐希、有村架純らも、本作では名バイプレイヤーの一人。主役級の映画では見られないポップな演技を披露。主題歌はCreepy Nuts「Who am I」監督は松居大悟 全国ロードショー中。
https://byplayers.jp