53歳独身女性が「事故物件」の1LDKマンションを即買いした驚きの理由

理想の住まいを探し求めた結果…

キレイな物件を探していた

東京・西新宿。オフィスビルや専門学校などが立ち並ぶ繁華なエリアに建つ築20年の中古マンションの一室。もともと1LDKの物件だったが、ワンルームにフルリノベーションし販売したところすぐさま買い手がついた。しかしこの物件、実は訳ありの「事故物件」だったのだ。

女性が購入したマンションの内観

「私は、去年の12月から新宿エリアで中古マンションを探していました。いろんな物件をもう15件くらい内見して来てたんですね」

そう語るのは、物件を購入したIT関連企業に勤める新井聡子さん(仮名・53)である。独身の新井さんは、これまで新宿に近い中野のマンションに住んでいた。そのマンションのローン返済が終わったために、そこを賃貸として貸し出し、自分はもっと勤務先に近いマンションに住もうと考えたのだ。

photo by iStock

「私の条件は、西新宿の職場に自転車で通えるくらいのエリア。予算は3000万円ほどで間取りはワンルームか1LDK。でも、その条件だと、見つかるのは築50年くらいの古い物件ばかりなんですね。もう少し築浅(建築時期が新しい)だったとしても、広さは20平米くらいしかなかったり……。西新宿エリア限定だと理想的な物件になると、すぐに1億円とかになっちゃう。予算に見合ったキレイな物件を見つけるには、もっと遠くへ行かないきゃいけなくなるんですよ」

 

これまで内見してきた物件は、部屋自体はそれなりにリフォームが施されてはいた。ところが、やはり築50年となると、いくら外装工事を行ったとしても、建物の古めかしさまではどうしようもない。

「友達が遊びに来たときに、どうしても『ああ、古いなあ』と思われちゃうでしょう。だから、できればせめてもう少し新しい物件がないかなと思っていました」

編集部からのお知らせ!

関連記事