Instagram(@english.eikaiwa)のフォロワーが約10万人、大人気のオンライン英会話スクール講師・mamiさんによるFRaU web連載「シンプルなのに伝わる英会話レッスン」(毎週金曜更新)では、初心者でも覚えやすい短い英会話を提案しています。

身ぶり手ぶりなどのリアクションを交えながら感情を表現する外国人に比べて、日本人は「控えめ」「反応が薄い」と感じられることが多い印象。そこで今回は、リアクションに関する英語フレーズを提案します。まずは言葉から表現してみるのはいかがでしょうか。

今までの英会話レッスンはこちら▶︎

★mami流・英語を話すときの心得★
「間違えないように言わなきゃ」と気負う必要は全くありません。一番大事なのは「相手に伝えること」。カタコト英語でも問題ナシ! 「英語がしゃべれないから...」と、困っている外国人を見て見ぬふりせず、積極的に話してみましょう。

リアクションするときに使える英語フレーズ

英語で「マジで?」などのリアクションをとるときに、どう言っていいのかわからない。いつも同じリアクションになってしまう……そんな方に、状況によって使い分けることができる簡単なフレーズをいくつか紹介していきます。

【1】 Really?
マジで?

【解説】「マジで?」という意味で最も一般的に使われるフレーズです。声のトーンによってシリアス度も変わります。軽い感じで言ったり、深刻なときに使ったりもでき、幅広く使える言い方なので覚えておきましょう。「Seriously?」も同じ意味で使うことができます

【2】 For real?
本当に?

【解説】こちらもニュアンス的に「Really?」と近いですが、よりカジュアルな印象になります。ネイティブも友達同士の会話でよく使う表現です。フォーマルなシーンでは使われないので注意しましょう

【3】 No way!
うそでしょ!

【解説】信じられない話を聞いたときや、耳を疑うようなことを聞いたたときに使うフレーズです。「ありえない!」と訳されることも。ポジティブな意味とネガティブな意味の両方で使えるので便利です。相手の言ったことに大きくリアクションしたいときに使ってみましょう。

今週はここまで。mamiさん監修「シンプルなのに伝わる英会話レッスン」は毎週金曜日に更新!

\使えるフレーズを日々アップ/
Instagram「超絶シンプル英会話」▶

英語を話すために知っておきたい いらない英文法』(KADOKAWA)
mamiさんの3冊目となる最新著書では、英語を話すために実は「いらない」英文法を紹介。疑問文、過去完了、to不定詞など、英会話に必要な英文法を必死に覚えるのではなく、まずは“捨ててみる”と英語が不思議と話しやすくなる。そんな裏技を紹介している英語本です。
-AD-