SONY 360 Reality Audio HPより

ソニーとアップルが牽引!最新「立体オーディオ」はどうすごいのか

デジタルだから実現できる音世界の登場

「新たな時代」の始まり

音楽といえば「ステレオ」──。

そういう常識が確かに存在していたが、今やその常識は崩れつつある。「音を立体的に楽しむ世界」が、広がりはじめているからだ。

映画やゲームの分野ではかねて使われていた「立体音響」技術が、音楽の世界にも浸透しようとしている。スマートフォンとヘッドホンを軸に始まる新しい世界での音楽体験とは、いったいどのようなものなのか? そして、その背景を支える技術とは?

今回はこの点を解説してみよう。

ソニーの最新サービス

ソニーは4月16日から、日本国内で新しいサービスを展開する。

サービス名は「360 Reality Audio」(サンロクマル・リアリティオーディオ。以下、360RA)。「360」という数字に示されているように、ユーザー(聴き手)の周囲を取り巻く「音」を音楽として提供するための技術だ。

たとえばライブ会場で、我々は音を「立体的」に感じている。ボーカルがステージ中央にいて、ドラムがその背後にいて、ギターやキーボードがその傍らにいる。特に、スピーカーを介して音が鳴るわけではないクラシックコンサートの場合、その立体感はよりわかりやすいはずだ。

ごく簡単にいうなら、そのような音響状況を再現するのが「360RA」の狙いである。

ソニーの「360 Reality Audio」の概念図。周囲にある音を「ユーザーを取り巻く音」として再現し、ヘッドホンやスピーカーで楽しめるようにする

360RAは、スマホとヘッドホンがあれば、誰でも試してみることが可能だ。

以下は、今年1月にソニーが公開したデモコンテンツだ。スウェーデン出身のポップシンガー、ザラ・ラーソンのパフォーマンス映像だが、彼女が歩くのにしたがって歌声も動き、演奏しているメンバーの位置から各楽器の音が鳴る。

ソニーは360RAのデモとして、ザラ・ラーソンのライブ音源を公開。QRコードからアプリをダウンロードすれば、誰でも無料で体験できる

ステレオでも、音が前後左右に動くものはある。だが、それらに比べ、360RAは音の広がりがより大きく、音が鳴る位置の再現もより細やかだ。

ヘッドホンでは、音が頭の中を中心に響く「頭内定位」という現象が起きやすく、それが気になる人もいるだろう。360RAでは頭内定位が弱く、もっと広く、頭の外まで自然に音が広がるような感覚を味わうことができる。

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/