親が認知症かもしれない――誰でも年を重ねると「できなくなること」が出てくるのは自然な話だが、「これは認知症かもしれない」という線引きも難しい。しかもその「親」が義理の親の場合、あなたはどうするだろうか。

義母の謎の行動に長く悩んでいたのが、フリーライターの上松容子さんだ。結婚前に夫の実家を訪ねた時、専業主婦の鏡のようにかいがいしく夫の世話をやく義母だったが、孫である上松さんの娘がアニメのビデオを見ながら話しかけても無視したり、義父ががんとなって亡くなった時に驚くような言動を見せたり、実家売却のときに勝手に格安で売却してしまったり……義理の娘である上松さんは戸惑うばかりだった。

上松さんの父ががんとわかり、一時期同居を提案した時の冷たいはねつけには心が凍り付いたが、一人にしておくこともできず、二世帯住居での同居を決意する。しかし同居がはじまると、お願いしては直前に断ったり、誰かに見張られていると騒いだりという義母の行動に振り回されることとなってしまった。そして義母が転んでけがをしたのを機に病院へ行くことができ、軽度の「認知症」と診断される。

連載「謎義母と私」、今回は、認知症とわかってもなお、それだけでは説明のできない謎行動と、その背景についてお伝えする。なお、個人が特定されないように上松さん自身もペンネームであり、登場人物の名前は仮名としたドキュメンタリーである。

容子    20代後半で結婚。現在50代
夫     容子と同い年。営業職
明子    容子と夫の一人娘
義父       東京近郊在住 大正生まれ 中小企業社長
義母トミ子 昭和ヒト桁生まれ 元看護師 専業主婦
上松容子さん連載「謎義母と私」今までの記事はこちら
-AD-

傾聴ボランティアの来訪

転倒での怪我を診察してもらったことがきっかけで、軽度の認知症であるとわかり、要支援2となった義母。けれども、ケアマネジャーに提案されたサービスはひとつも受けようとせず、相変わらずひきこもりがちだった。家族が外出に誘っても喜んで出かけようとはしない。買い物には行きたがったが、人と関わりたがらない。私たちはどこからアプローチしたらいいか困り果てた。

人と会ったり、会話したり、体を動かしたりしなければ、認知症が進んでしまうかもしれない。ケアマネジャーに連絡をとって、相談をした。私たちが家にいてもいなくても、誰かや何か……つまり、外的なものと関わってほしいのである。
すると、傾聴ボランティアに来てもらってはどうか、という提案があった。身内ではなく、他人がじっくり話を聞いてあげることが、義母の頑なな心を和らげるかもしれないというのだった。

のぞかれていると騒いだり、なにかを頼んではそれをやったそばから不要と言ったり…義母の謎の行動に上松さんは振り回されていた(写真の人物は本文と関係ありません)Photo by iStock