「ウマ娘」が爆発的ヒットで、サイバーエージェント株がスゴいことに…!

今週の「AI株価予報」で読む
マネー現代編集部 プロフィール

上場以来初の時価総額1兆円突破

アニメやマンガ(『ヤングジャンプ』連載中)など、他のスマホゲーと同じくメディアミックスもガッチリと固めている「ウマ娘」は、文字通り業界の「勝ち馬」になりつつある。

運営元のCygames、および親会社であるサイバーエージェント(4751)には、まさに「ウマ娘特需」の真っ只中にいるのだ。

2011年に誕生したCygamesは、「ウマ娘」のほかにも「グランブルーファンタジー」「シャドウバース」など、累計DL数2000万超えのモンスターコンテンツを擁する。

サイバーエージェントの主要事業は大きく分けて3つあり、そのひとつがメディア事業。「ABEMA」「アメーバブログ」などのインターネットメディアの運営だ。もうひとつがインターネット広告事業であり、創業以来同社の売り上げを支えている基幹ビジネスだ。

 

そして、Cygamesに代表されるゲーム開発が、サイバーの「3本目の矢」である。ここ数年、市場の成熟化にともなって若干の頭打ち感が否めなかったものの、今回の「ウマ娘」人気はブレイクスルー感を市場に打ち出した。

これに投資家が反応しないはずはなく、3月に入り株価は急上昇。上場以来初の時価総額1兆円の大台を突破したのだ。

的中率ズバリ80%を誇る『DeepScore株価予報AIエンジン』(DeepScore社開発・運営)の分析では、今週もサイバーエージェント株は「上昇トレンド」にあるという。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/