春馬さんが大事にしていた『森の学校』

春馬さんと交流のあった人から、春馬さんのプライベートなSNSのアイコンが、森の学校の写真だったと聞いた。
「それを聞いて、嬉しいですよ。作品の8割ぐらいに登場している、これだけ大きな主人公を演じるというのは、誰もが経験できることではない。春馬くんが、その体験を大事にしてくれていたのかなと想像すると、嬉しいです」(西垣監督)

-AD-

4日の舞台挨拶で、西垣監督は「DVDにはしない」と話したという。「デジタルは仕組みが変わってしまうが、フィルムは100年以上変わらない」とし、公的な機関に『森の学校』のフィルムを預け、将来も見られるようにしたいと説明した。

土浦セントラルシネマズは、「2002年に、春馬さんや西垣監督が舞台挨拶に来てくれた。はじまりの映画館として、森の学校をずっと上映します」と宣言している。

ファンと交流する西垣監督。森の学校撮影時の春馬さんの写真も飾られている。4月5日、土浦セントラルシネマズでなかのかおり撮影