【アメブロブロガー・オギャ子の「捨てる育児」#16】

3人兄弟の母でブロガーのオギャ子さん(ブログはこちら)が子育てをする中で、「これは引き算できる!」or「いや、これは流石にできない…」と学んだことについて、自身の経験談から書き下ろしの漫画と写真とともに教えていただく本連載『捨てる育児』、第16回目のテーマは「子どもにどこまで口を出すか」について​。

子どもが遊ぶとき、親同士が連絡を取り合って約束することもありますよね。保育園・幼稚園はもちろん、小学生でもそういうことは多いはず。しかし子どもたちが成長するにつれ、子ども同士だけで約束することは増えていくのが当然のこと。では携帯を持っていない子も多い小学生高学年の場合、どこまで「親が入る」のがいいのでしょう。

今回は小学校を卒業したオギャ子さんのご長男が、卒業を記念してちょっと遠出しよう!と計画したときのエピソードをお伝えします。もちろん遠出と言ってもかわいらしいものではありますが、果たして親はどの程度世話をするのがいいのでしょうか。コロナ禍でもあるし、心配事は尽きない……そんな中で「子どもたちの行動」の結果とは……。

オギャ子さんのインスタグラム「オギャスタグラム」でもまだ出していない、未公開エピソードをご覧ください。

オギャ子(おぎゃこ)
1982年、大阪生まれ。アメブロブロガー。マイペースなちゅんたん(長男)、心優しく激しさも持つゆいたん(次男)、甘え上手なほーちゃん(三男)という三兄弟の母。夫は輪郭が四角いことから「四角」と呼ばれている(オギャ子さん命名)。転勤族だったが、最近ついに一軒家を購入。四角さんも転職し、いまは家族みんなで大阪住まい。

イラスト・文/オギャ子

小学6年生だけで「遠出の企画」大丈夫?

\右にスクロールしてお読みください!/