現在、大分で幼児から高校生まで無学年制の英語教室を主宰する廣津留真理さん。一人娘のすみれさんは、小学校から高校まで公立校に通い、ハーバード大学に現役合格&首席卒業。帰国した現在は、バイオリニスト、作曲家、著述家、大学講師、TV番組のコメンテーターなど、多方面で才能を発揮し活躍中だ。大分という地方都市に生まれ育ち、海外留学したこともなければ、塾に通ったことも模試さえ受けたこともなく、ハーバードの面接も自宅の部屋からオンライン受験。世界トップの大学に入る学力を支えたのは、幼児期から母と実践していた家庭学習だった。

すみれさんの大学入学を機に起業した廣津留さんは、すみれさんとの家庭学習を通して編み出した英語レッスンを現在、オンライン・オフラインの両方で行っている。英語指導にとどまらず、子育てに関するセミナーや、現役ハーバード生を講師陣に迎えるサマースクールSummer in JAPAN(SIJ)を毎年主催するなど、これまで約800人の現役ハーバード生に関わり、のべ1万人以上の親子を見てきた廣津留さんに、今回は、意外と知られざる日本の教育環境の問題について指摘してもらう。

廣津留真理(ひろつる・まり)
ディリーゴ英語教室代表/一般社団法人Summer in JAPAN(SIJ)代表理事兼CEO/株式会社ディリーゴ代表取締役。大分県在住。早稲田大学卒業。一人娘のすみれさんは、大分の公立高校から留学経験なしでハーバード大学に現役合格&首席卒業。彼女への家庭内での学習指導経験を踏まえて編み出した独自の「ひろつるメソッド」を確立。大分県の英語教室や県内外のセミナーにて、これまでのべ1万人を指導。現役ハーバード生が講師陣のサマースクールSummer in JAPANは、2014年、経済産業省の「キャリア教育アワード奨励賞」受賞。「人生が変わる1分間の深イイ話」(日本テレビ系)、「セブンルール」(カンテレ・フジテレビ系)などメディア出演多数。著書に、英語経験ゼロの子も1冊で長文読解までできるようになるドリル『英語ぐんぐんニャードリル ひろつるメソッド 最短最速! ゼロから一気に中2終了』 、娘と実践した家庭学習メソッドを公開した『成功する家庭教育 最強の教科書』(講談社)ほか。https://dirigo-edu.com
-AD-

日本の学費は高すぎる

コロナ禍により保護者の収入が減ったため、大学進学を諦めたり、大学を退学せざるを得なくなった学生が増えている、というニュースに胸が痛みます。そもそも日本の教育費は高すぎるのです。

「いえいえ、ハーバード大の学費は、もっと高いんでしょう?」と思う方もいるかもしれません。たしかに、ハーバードの正規の年間の学費は、公式HPによると、年間$76,479(830万円ほど、以下すべて、1ドル=108円で計算)。授業料、寮費や食費、保険料も込みのトータルでの額ですが、とんでもない高額だといえます。ところが、この正規の学費を全額払っている学生は非常に少ないのです。もちろん我が家も正規の学費は払っていません。それどころかハーバード生の20%は、学費無料で通っているのが事実です。

じつは、多くの日本人にとってハーバード大学は、日本の私立大学、それどころか国立大学に通うよりむしろ学費が安く済むシステムになっています。まさか! と思うかもしれませんが、なぜそうなるのかを説明します。

公立の小中高の12年間でかかった学費はたった50万円。塾に通うことなく家庭学習だけでハーバードに合格した廣津留すみれさん。ハーバードでは各種の奨学金を受けたため「大分の我が家から、たとえば東京の大学に進学させるより、ずっと家計にやさしかった」と母の真理さん。写真提供/廣津留真理