りゅうちぇるさんが今、取り組んでいること

まずは生活の見直しから

いつのまにか環境に悪い生活をしていたので、外出するときはMY箸や水筒を持ち歩くなど、自分ができそうな簡単なことからはじめました。

りゅうちぇる/タレント、アーティスト。1995年生まれ、沖縄県出身。個性的なファッションと強烈なキャラクターで注目を集め、多数のバラエティ番組に出演。2018年にはRYUCHELL名義で歌手デビューを果たしたほか、NHK『高校講座』では『家庭総合』のMCに抜擢される。一児の父となった現在は育児やダイバーシティに関する発信が注目を集め、「渋谷ダイバーシティ」エバンジェリスト、日本財団「True Colors Festival–超ダイバーシティ芸術祭-」アンバサダーに就任。

夢野ゆあさんが今、取り組んでいること

YouTubeで情報発信

SDGsはちょっと難しかったので、大学の先生などの詳しい人に教えてもらい、それを動画にしてYouTubeにアップしています。高校生の私にできることは多くないですが、できることからはじめています。オリジナル曲の配信の収益は、コロナ基金に寄付もしています。

ゆめの・ゆあ/VTuber。新たなVTuberを発掘する「VTuberハッカソン DCEXPO大会 2018」にてデビュー。日本初の地域密着型ローカルVTuberとして、現実世界を中心に活動する神奈川県横須賀市在住の16歳。「あなたの夢が叶いますように」をキャッチコピーに、オリジナルソングの歌唱、日本の名所や観光地、地域イベント、名産品などの紹介を中心に活動している。2020年、VTuber初のSDGs専門番組『おしえて! SDGs』を開始した。yua.vtuber.win

中川たまさんが今、取り組んでいること

ごみを出さず循環させる

微力ながらゼロウェイストに賛同し、ごみをなるべく出さないように。循環させるためにコンポストを使い、生ごみなどは、処理して堆肥にします。また、リサイクルできるものはする、使い捨てや汚染に繋がる物質の使用を控えて自然素材のもの、長く使えるものを選ぶなど。

なかがわ・たま/料理研究家。ケータリングユニット「にぎにぎ」を経て、2008年に独立。料理教室を主宰するほか、雑誌やイベントなどで活躍する。季節の野菜や果実を使ったシンプルな料理と、洗練されたスタイリングが書籍や雑誌などで人気を集める。著書に『器は自由におおらかに』(家の光協会)、『季節の果実をめぐる114の愛で方、食べ方』(日本文芸社)、など。20年9月には新著『ふわふわカステラの本』(主婦と生活社)を発売した。

坂尾篤史さんが今、取り組んでいること

サステナブルな店舗運営

ストローやリッドをプラスチックからバイオプラやパルプのものに変え、店内グラスはリサイクルガラスに。コーヒーカスをコンポスティング(堆肥化)にもしています。また、コーヒーのサプライチェーンを明確にして、透明性を高めるために現地の生産状況を見ています。

さかお・あつし/〈オニバスコーヒー〉代表。1983年生まれ。オーストラリアでカフェの魅力に取りつかれる。約1年のバッグパッキングを経て帰国後、バリスタ世界チャンピオンの店〈ポール・バセット〉に入社。焙煎やバリスタトレーニングの経験を積み、2012年に独立。奥沢に〈オニバスコーヒー〉をオープンさせ、「コーヒーで、人と人を繋ぐ」をコンセプトにバリスタトレーニング、コーヒーセミナーなど行っている。現在は都内に5店舗、ベトナムホーチミンに1店舗を展開。

鎌田安里紗さんが今、取り組んでいること

生産過程を知る企画を

ものづくりの現場を訪ねる旅や、種からコットンを育てて服を作る「服のたね」を企画。日々の買い物でも生産過程を尋ねるようにしています。

かまだ・ありさ/1992年生まれ、徳島県出身。高校進学と同時に上京し、在学中にギャル雑誌『Ranzuki』でモデルデビュー。衣服の生産から廃棄の過程で、自然環境や社会への影響を意識する“エシカルファッション”に関する情報発信を積極的に行い、ファッションブランドとのコラボレーションでの製品企画、衣服の生産地を訪ねるスタディ・ツアーの企画などを行っている。暮らしのちいさな実験室Little Life Lab主宰。環境省「森里川海プロジェクト」アンバサダー。

ベイカー恵利沙さんが今、取り組んでいること

消費という行動で問題解決に参加

洋服や日用品を買うとき、生産の過程や、そのブランド・企業が目指す未来を調べてから買い物をしています。長く大切に使うことにも繋がって、良い循環に。オーストラリアの火災をきっかけに、工業型畜産が環境に与える影響についても学び、お肉を食べることもやめました。

ベイカー・えりさ/スタイリスト、ライター。1989年生まれ、オレゴン州と千葉県育ち。モデルをしながらスタイリストとしても活動を開始し、現在はブランドとのコラボレーションや執筆なども行う。フルマラソンに7回出場し、ファッション、ビューティー、ヘルスと活動の幅を広げる。2017年に日本からニューヨークへ拠点を移す。現在はファッションのみならず、サステナブルなライフスタイルなどもInstagramを中心に発信している。Instagram:@bakerelisa

-AD-