私が乃木坂46を卒業して「声優」の道に進んだ理由

声優・佐々木琴子さんインタビュー(2)
香月 孝史 プロフィール

乃木坂46メンバーとしての思い出

――佐々木さんが乃木坂46に加入されたのは、グループがデビューした翌年のことです。当初、先輩たちの印象は?

佐々木 最初はちょっと怖かったです(笑)。ただ、若月(佑美)さんと松村(沙友理)さんが好きだったので、ご本人にお伝えしたら本当に優しくしてくださって。特に若月さんは本当に、ずっと優しい方だったのを覚えていますね。

 

――先輩メンバーたちとの関係性が変わっていくきっかけは何でしたか?

佐々木 ライブなど仕事で長い時間一緒にいるうちに自然と、という感じですね。「アンダーライブ」(乃木坂46のアンダーメンバーが出演するライブ)が特に仲良くなるきっかけでした。

アンダーライブは自由度が高いし、その時ごとにセンターポジションをやっている子の色が強く出るライブで、毎回新しいことにチャレンジする感じ。すごく新鮮味があって楽しかったし、やりがいがありました。

――アンダーライブの中で印象に強く残っているものはありますか?

佐々木 個人的にすごく楽しかったのは北海道でのライブ(2018年)です。センターだった中田花奈さんとは仲が良くて、いじれる先輩だったので楽しかったですし。

「ジコチューで行こう!」という曲の間奏で、センターの花奈さんが鬼になって「だるまさんがころんだ」をやる振りがあるんですけど、そこで花奈さんを驚かせるために、スタッフさんやメンバーと相談しながら毎公演、違うことをやったりして。

あと、ご飯がすごく美味しかった。ケータリングにイクラがあったんですけど、イクラを毎回食べてたらイクラみたいなニキビができちゃって、どうしよう!って(笑)。それすらも楽しかったですね。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/