佐々木琴子さん

私が乃木坂46を卒業して「声優」の道に進んだ理由

声優・佐々木琴子さんインタビュー(2)

もしも推しのアイドルが、学校で同じクラスで隣の席だったら……。そんなシチュエーションを描いた漫画『推しが隣で授業に集中できない!』第1巻の発売記念として実施した、佐々木琴子さんへのインタビュー。

中高生時代の思い出やエピソードを振り返っていただいた前編につづき、後編では乃木坂46に入るきっかけ、乃木坂46時代の思い出、卒業後に「声優」という道を選んだ理由、そしてこれからについて――。

(撮影:黒羽政士)

 

中学時代に“推して”くれる友達がいた

――『推しが隣で授業に集中できない!』では、ファンとしてアイドルに憧れる側と、アイドルとしてファンに憧れられる側、両方の立場が描かれます。佐々木さんも乃木坂46のメンバーとして活動を始めたことで、多くのファンがつきました。それはアイドルになったばかりの立場からすると、どのような経験なのでしょうか?

佐々木 もともと中学時代から、同じ学校に私のことをすごく好きだと言ってくれる女の子がいたんです。それこそ、このマンガのような感じでした。だから、そういう人が他にもいっぱいいてくれるのは嬉しいなって気持ちが大きくて。普通の学生だったのに、急に応援してくれる人がつくことには違和感はあったんですけど、戸惑いはなかったです。

――グループに入る以前から、すでに“推して”くれる友達がいたんですね。

佐々木 そうです、「可愛い、可愛い」って言ってくれて。その子のお母さんも私のことを好きでいてくれて、そのお母さんから乃木坂46のオーディションを勧められて、「じゃあ受ける」って(笑)。

――その子が佐々木さんを見出したおかげで乃木坂46のメンバーになった。

佐々木 たしかに、私のことを可愛いと言ってくれた子の家に遊びに行ったから、そのお母さんにも会えたわけですもんね。その子のおかげです(笑)。その子と学級委員長の子と三人で仲良くしていたんですけど、休み時間中にその子たちと一緒に、オーディションの自己PRの練習なんかもしていましたね。時計で秒数を測ってもらいながら(笑)。

編集部からのお知らせ!

関連記事