佐々木琴子さん

アイドルはどんな学校生活を過ごしたのか?元乃木坂46メンバーが語る

声優・佐々木琴子さんインタビュー(1)

もしも推しのアイドルが、学校で同じクラスで隣の席だったら……。そんなシチュエーションを描いた漫画『推しが隣で授業に集中できない!』の第1巻が発売された。

推しアイドルが隣にいる学校生活とは、一体どういうものなのか? アイドル本人は学校生活に何を思うのか?

今回、元乃木坂46のメンバーで現在は声優としてのキャリアを歩む佐々木琴子さんにインタビュー。中高生時代の思い出やエピソードを振り返っていただいた。

(撮影:黒羽政士)

 

学校がアイドル活動に理解があったワケ

――『推しが隣で授業に集中できない!』は、主人公・真中咲子が高校入学初日、自分の推しているアイドル・吉田千尋と同じクラス、隣の席になるところから始まります。佐々木さんは実際に、アイドルとしての活動と学校生活を両立されていましたが、本作を読んでどのようなことを思い出しますか?

佐々木 中学2年の終わりに乃木坂46の2期生として加入したので、中学3年の頃は最初のレッスン期間だったんです。平日は夕方から東京でレッスンがあったんですけど、私は埼玉のちょっと田舎の方に住んでいたので、授業に全部出ていたら間に合わない。早退してレッスンに通っていたので、それが個人的には大変でしたね。

――同時に加入した他の2期生メンバーの様子はいかがでした?

佐々木 もっと遠い地方に住んでいた子たちが二人いて(鈴木絢音、堀未央奈)、その二人は東京から離れているので、学校の授業がない土日だけレッスンに参加していました。私は田舎と言っても一応関東だったので平日も参加していて。だから、実質的には私が一番遠かったのかなと思いますね。

――早退が多くならざるを得ないと、学校から理解を得るのは難しくなかったですか?

佐々木 それが、ちょっと特殊でした。偶然なんですけど、当時の担任の先生が中学時代の井上小百合さん(元乃木坂46)の担任もされていた方だったんです。他にも、同じ学年の担当で井上さんを教えていた先生がいて。だから、すごく理解がありました。

私がまだオーディションを受ける前から、「乃木坂46の井上さんを教えたことがあるんだよ」と先生が話しているのを聞いていて、たしか乃木坂46のこともその頃に知ったのかな。

編集部からのお知らせ!

関連記事