銀行業界に大激震…5年後、じつは「ATM」も「預金通帳」もすべて消えてなくなる!

現代ビジネス編集部

5年後、日本の銀行の「未来図」

「2025年の崖」は、2019年に経済産業省が公表した「DXレポート」に登場し、一気に注目を集めるようになった。

日本の企業には、複雑化・ブラックボックス化した古い基幹システムが数多く存在するが、それらを知るIT人材の多くが2025年に定年を迎え、刷新されることがないままレガシー化がより進むという懸念を指摘したものだ。その経済損失は「2025年以降、最大で年間12兆円」に及ぶとも言われている。

なかでも金融機関には多くのレガシーシステムが残されており、デジタルトランスフォーメーション(DX)が急務だ。2025年に向けて、急激な大改革が行われることだろう。

photo by iStock

ではここで、専門家の話を交えながら、5年後の銀行の姿をシミュレーションしてみよう−−。

まずは通帳。「すべて有料化される」(鈴木氏)と話すように、一部の顧客だけが利用する有料オプションとなるはずだ。申請にも面倒な手間がかかり、記帳できる場所もほとんどない。繰り越しの度に郵送での受け取りとなり、その送料すらもいちいち負担するなんてこともあるかもしれない。

通帳のペーパーレス化はアメリカが参考になる。JPモルガンやバンク・オブ・アメリカ勤務などを経て、現在はNPO法人PYD創業者兼CEOである酒井レオ氏が語る。

「アメリカではもう10年以上、ほぼ紙の通帳が使われていません。今の高齢者が若かった時代に使われていたくらいです。

今は子どもでもデビットカードを発行してもらえますし、使うとすれば子どもが初めて自分の口座を開く際、お金の出入りを学ばせる目的で、例外的に発行してもらえることもあるくらいじゃないでしょうか。

そもそも環境的にもよくないし、盗まれたりでもしたら名前も口座番号も預金残高も全部漏れてしまうなんて、セキュリティ的にも不安。ハンコ文化と一緒に日本でも5年後には紙の通帳からの脱却が大きく進み、10年後には誰も利用しなくなると思います」

 
編集部からのお知らせ!

関連記事