PHOTO=JMPA

小室圭さん文書に対する「強烈な違和感」…宮内庁長官は“大絶賛”で本当にいいのか

「世界終末時計」をご存知だろうか。

核による人類滅亡を午前0時とし、それまでの時間を象徴的に記した仮想の時計で、1947年からアメリカの「原子力科学者会報」が表紙に用いているものだ。

ソ連が崩壊した1991年には「17分前」まで戻ったが、2020年と2021年は「人類滅亡まで100秒」とまさにカウントダウン状態。核問題や気候変動問題への対策が進んでいないことに加え、新型コロナウイルス感染症の歴史的蔓延が原因だ。

もし「皇室終末時計」というのがあるとしたら、その針は4月8日のお昼ごろ、「午前0時」に向けて大きく振れたに違いない。原因は秋篠宮家の長女・眞子内親王の“婚約内定者”である小室圭さんが公表した28枚にわたる「金銭問題説明文書」の公表だ。

〔PHOTO〕gettyimages
 

“何か”に迫られて書いた文書

眞子内親王と小室さんが婚約内定会見を開いたのは今から3年7ヵ月前の2017年9月3日のことだった。

当初は2018年3月4日に納采の儀を行い、同年11月4日に帝国ホテルで挙式の予定だったが、2018年2月6日には「十分な時間をとって準備を行うのが適切であるとの判断に至り」(眞子内親王の文書)という理由で、御代替わりの一連の儀式が終わる2020年まで延期することが発表された。

だが結婚延期の本当の理由は、2017年12月12日に週刊女性が小室さんの母・佳代さんの“借金問題”を報じたことだった。そしてこれをきっかけとして、各週刊誌は競って小室さんの「知られたくない事実」を書き立てるようになったのだ。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/