Snow Manの冠番組がスタート

昨年、ジャニーズからデビューした9人組アイドルグループ、Snow Manの勢いが増している。デビュー前は、同じ日にデビューした6人組グループ・SixTONESのほうが人気が高かったため、彼らに大きく差を開けられるのではないかと危惧されていた。それが初の単独リリースとなったセカンドシングルはミリオンを突破。サードシングルも2月時点で80万枚を突破するなど、驚異的な成績を収めている。

それだけでなく、4月11日からは彼らの冠番組『それSnow Manにやらせて下さい』(TBS)がスタートし、番組公式Twitterのフォロワーはすでに41.6万人(2021年4月8日時点)。SixTONESや、平野紫耀や永瀬廉といった国宝級イケメンを擁するKing&Princeですらまだ冠番組がないことを考えると、明らかに彼らが時代の波に乗っているものを感じる。

-AD-

実際Snow Manは、ジャニーズファンではない新規の外部ファンを獲得していることでも知られている。ジャニーズに詳しいライターは、次のように語る。

「彼らはタキニ(ジャニーズ事務所社長・滝沢秀明のお気に入りを表すジャニーズ用語)なので、他のグループのファンからは『タッキーからゴリ押しされているから』と言われていますが、それだけでは説明のつかない人気を感じます。たしかに時代が彼らを応援している。それが何かはまだ分かりませんが」。