2021.04.09

日本中から狙い撃ちにされた「夜の街」の女王の秘密

年間7億稼ぐモンスターキャバ嬢
花森 リド

淡々とパンチがきいている

とにかくあちこち痛快な本だ。たとえば「どうしたら売れっ子キャバ嬢になれる?」という章にこんなくだりがある。

一条響さんInstagramより
「どうやったらお客さんつかめますか?」
って女の子から聞かれることがよくある。
でも、そういうのってひとりひとり違うと思うんです。
だから、そんなざっくりした質問だと、聞かれても答えに困る。

「そんなざっくりした質問、答えに困る」って正直な答え。このサバサバした感じ、淡々とパンチが効いてていい。でもちゃんと「答え」のいくつかを教えてくれるんですよね。

いくら素晴らしいことを言ってたりしても、自分自身の価値が低いと、おカネを遣ってもらえない。
たとえば、むちゃくちゃ面白くてめちゃくちゃ可愛くても、身につけてるものや喋り方がよくないと、
「じゃあお前、吉四六(焼酎)でいいや」
ってなっちゃうかもしれない。
この子には、おカネを遣わなきゃいけないって思わせるためには、自分で自分の価値を上げること。
ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/