〔PHOTO〕Gettyimages

韓国が、日本より先に「コロナ不況から回復」していた…! 日韓に差がついた「意外な理由」

日本でも韓国でも、コロナウィルス新規感染者は、対策を強めると減少傾向となるものの、対策を弱めると増加傾向になる状態であり、収束にはまだ時間がかかりそうな状況である。

そのようななか、日韓とも、景気については昨年の前半には大きく後退したものの、その後は回復に転じている。そしてこの日韓に共通する動きについて、特に韓国での景気回復が顕著である。

今回は景気の動きを敏感にキャッチすることができる指標である、鉱工業生産指数と景気動向指数から、コロナ禍の中でも着実に回復する景気の様子を確認したい。

〔PHOTO〕iStock
 

重要な指数が変化している…!

鉱工業生産指数は世間にはその存在があまり知られていないが、景気をウオッチする専門家の間では最重要な指標のひとつであり、これは日本でも韓国でも同じである。

簡単に説明するならば、製造業全体でどの程度の量の製品が生産されたかについて把握できる指標である。日本も韓国も製造業がGDPに占める割合はそれほど大きいわけではないが、サービス業と比べ景気の動きに敏感であるとともに、関連産業が広く、結果的に産業全体に影響が波及することから、この指標は重要なのである。

韓国の鉱工業生産指数はコロナ禍の前は緩やかな増加傾向にあり、2015年を100とした場合の指数は、コロナ禍直前の2019年12月の値は111.3であった(季節調整値。以下同じ)。しかしコロナ禍の下で鉱工業生産指数は急速に低下し、2020年5月には95.6にまで低下し生産活動の萎縮が鮮明となった。

ただし2020年5月を底として、鉱工業生産指数は増加に転じ、コロナウィルス新規感染者が拡大するなど第3波が韓国を襲った2020年11月以降においても増加の勢いが止まることはなかった。

編集部からのお知らせ!

関連記事