韓国の若者たちは文在寅政権への怒りを爆発させている photo/gettyimages

文在寅への「怒り」が大爆発…!20・30代の韓国若者たちに「見捨て」られた文政権の末路

文在寅政権は「偽善の左派集団」だ、と

文在寅政権は「偽善の左派集団」

「機会は平等、過程は公正、結果は正義になるだろう」

韓国の文在寅大統領が就任演説で語って以降、繰り返してきた言葉である。その文在寅政権は、いまや「不公正」の象徴と化してきた。

実際、「公正」に敏感な20~30代の青年たちの文在寅政権に対する怒りが高まっている。チョ·グク前法務部長官の娘の入試不正疑惑、秋美愛(チュ·ミエ)前法務部長官の息子の兵役中の特別扱い疑惑など、「公正」を語る文政権下で「不公正」が問題となっていることが背景にある。進歩政権を標榜しながら行動の多くが「反進歩的」な文在寅政権にとって、立て続けに起きる不正問題が政権の大きなアキレス腱となってきた。

文在寅政権への批判が高まってきた photo/gettyimages
 

そこへきて、文在寅政権の経済政策によって跳ね上がる失業率と住宅価格、非正規職の蔓延化で、青年世代の「集団貧困化」も喫緊の課題となっている。さらに、新型コロナウイルス感染症事態に対する放漫な防疫政策のストレスと精神的疲労で、文在寅政権に対する敵愾心も高まっている。

進歩政権は社会的富の再分配と若い世代を中心とする福祉政策など青年層から高い支持を受けるものだが、いまや文在寅大統領は青年の「怒り」と「排撃」の対象になっている。文在寅政権は“進歩”どころか自分たちに利権を集中させる「偽善の左派集団」だ、といった声すら聞こえてくるほどだ。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/